ADOBE COMMERCE

多様化する顧客層に向けて、コマース体験をカスタマイズ

Adobe Commerceは、柔軟性、拡張性、スケーラビリティに優れたコマース基盤です。単一の基盤から、AI(人工機能)と高度なデータ共有能力を利用して、エンドツーエンドでパーソナライズされたB2CとB2Bの両方のコマース体験を実現できます。

コンテンツ制作とプロモーションを容易に

  • 使いやすいインターフェイスでコンテンツを制作
  • 特定の顧客セグメントに向けてコンテンツをパーソナライズ
  • ページをすばやく更新

モダンなドラッグ&ドロップ方式のツールを利用して、IT部門の手を借りずに、魅力的なコンテンツやショッピング体験を構築できます。

商品リコメンデーションが簡単に

  • B2CおよびB2Bに対応
  • リッチマーチャンダイジングルール
  • ページビルダーでドラッグ&ドロップで設定

主要なタッチポイントでAIによる商品レコメンデーションを行い、コンバージョン率を向上させることができます。

信頼できる在庫管理、柔軟なフルフィルメント

  • 自宅への配送、オンラインでの購入、店舗での受け取り
  • 適切な店舗に適切なタイミングで在庫を供給
  • 店員がPC、POS、タブレットから注文を処理可能

リアルタイムの在庫データとフルフィルメントを促進するソーシングアルゴリズムにより、店舗でもオンラインでも、顧客が望む購入方法を提供します。

B2C、B2B、D2Cを単一のプラットフォームで実現

  • 既存のバックエンドシステムとの統合が容易
  • カスタムのカタログやプライスリストの割り当て
  • スピーディで便利な注文オプションによって売上を向上

インスタンスをいくつも作る煩わしさがありません。注文と同じぐらい容易に見積もりを管理し、あらゆるサイトにわたって同じブランド戦略を使えます。

 

統合されたB2Bについて詳しく見る

しっかりとしたデータ分析

  • データの一元管理
  • 指標と使用データを定義
  • シンプルなビジュアライゼーションで、より深いビジネスインサイトを獲得

平均注文額や顧客のライフタイムバリュー、あるいはその他の主要指標を把握しようと気をもむ必要はもうありません。

単一のダッシュボード複数のストアフロント無制限の決済処理

ダッシュボードから、各ストアフロントの支払いと注文のデータを安全に管理。

 

  • 決済処理、レポートの実行、分析結果の表示など、さまざまな機能を利用可能。
  • 現地通貨やさまざまな支払い方法に対応。
  • 資金調達とチャージバックの追跡、コンバージョンとアトリビューションデータの表示、照合機能の向上。
  • PCI DSS、3Dセキュアトランザクション、最新のデータ暗号化規格により、データの安全性を確保。
EML

今年も先進的なExperience Maker皆さまお招きした

「Adobe Experience Makers Live 2022」開催しました。

さまざまな業界や規模のブランドが成果を手に

Food service directのロゴ
hp
liebhrr
shoebacca
ロシニョールのロゴ

Gartner、アドビを6年連続でデジタルコマース分野の「リーダー」に選出

アドビがリーダーに選出された理由を、「Magic Quadrant for Digital Commerce(デジタルコマース分野のマジッククアドラント)2022年版」でご確認ください。

Forrester、アドビをB2Cコマース領域の「実力者」と評価

Adobe Commerceがどのように高く評価されているのか、「The Forrester Wave:B2Cコマースソリューション(2022年第二四半期)」でご確認ください。

Adobe Commerceが選ばれる理由

パーソナライズされたコマースを容易に拡大

Adobe Commerceは、Adobe Experience Platform上に構築されており、Adobe Analytics、Adobe Real-Time CDP、Adobe Experience Managerなどの他のアドビ製品とシームレスに統合され、最新のプロファイル、詳細な分析、より適切なマーケティング施策やコマース施策を構築する能力を備えています。


単一の基盤であらゆるコマースに対応

消費者への直接販売(D2C)を展開するB2B企業であっても、10カ国語で複数のブランドを管理しているB2C企業であっても、Adobe Commerceなら、単一の基盤で複数のチャネルやブランドを管理し、新しい国や地域へと拡張できます。


業界最先端のAIによるインテリジェンス

Adobe Senseiを活用したインテリジェントなコマース機能により、サイト検索、商品レコメンデーション、ショッパー分析など、あらゆる重要な顧客接点において高度にパーソナライズされた体験を提供できます。


あらゆるテクノロジーを取り入れることができる拡張性

Adobe Commerceは、真の拡張性を有しています。モジュール方式のコア機能とヘッドレス機能を利用すれば、今後出現するであろうテクノロジーを含め、新しいテクロノジーをすばやく取り入れることができるため、拡大し続ける顧客接点をまたいで顧客にリーチできます。

ビジネスモデルを問わない 次世代デジタルコマースとは

ビジネスモデル問わない次世代デジタルコマースは?魅力ショッピング体験付ける5ポイント解説ます。

効果的に連携

アドビ製品の緊密な連携により、優れた顧客体験を容易に実現

B2C、B2Bを問わず、顧客はパーソナライズされた体験を期待しています。さらに、McKinsey and Companyの2021年のレポートによると、パーソナライゼーションを適切に実施しているブランドでは、コンバージョンを最大で10倍向上させています。Adobe Commerceなら、他のアドビ製品とのシームレスな統合により、優れたパーソナライゼーションを容易に実現できます。

Adobe Commerce + Adobe Real-Time CDP

コマースデータを、オンラインとオフラインのあらゆるチャネルやシステムのデータと組み合わせることで、より優れたセグメンテーションと、チャネルを問わずに利用できるリアルタイムの統合顧客プロファイルを構築できます。  

Adobe Commerce + Adobe Experience Manager Sites

単一のバックエンドから、コンテンツ、パーソナライズされたバリエーション、コマースを管理し、パーソナライズされた没入感のあるショッピング体験をいくつでも構築できます。

Adobe Commerce + Adobe Target

Adobe TargetでAIを利用して、ユーザーエクスペリエンスを検証し、チャネル全体における訪問者の体験をパーソナライズすることで、一貫性のある適切なショッピング体験をタイムリーに提供できるようになります。

Adobe Commerceがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。