各部門からの製品情報の収集を自動化。カタログ拡充などデータの積極活用を推進

花王株式会社

 花王株式会社

本社:東京

創立:1887年

www.kao.com/jp/

世界の人々の喜びと満足のある豊かな生活文化を実現するとともに、社会のサステナビリティ(持続可能性)に貢献することを使命とする。「ハイジーン&リビングケア」「ヘルス&ビューティケア」「ライフケア」「化粧品」の4つの事業分野で事業を展開している。

checkbox icon

課題

工数がかかっている製品カタログの作成プロセスを見直したい

graph icon

成果

・製品カタログの作成プロセスを改善

・新しい顧客体験価値を創造

・カタログ更新作業の期間を大幅に短縮

・データ活用組織へと変化


「製品情報の収集と製品カタログへの反映を自動化しました。 製品カタログの情報の拡充にもつながり、業務の効率化と顧客体験価値の向上を両立しています」

 

DX推進センター マーケティングプラットフォーム部 部長 後藤


人手で収集や入力を行っているため、工数がかかっている製品カタログの作成プロセスを見直したい。そう考えた花王は各部門が持つ製品情報を自動収集して、製品カタログに反映する仕組みを構築した。その結果、製品カタログの情報を拡充しやすくなり、顧客体験価値が向上。また製品情報を活用しやすい環境によって、データ活用を志向する機運が高まっています。

手間がかかっている製品カタログの制作プロセスを改善したい

洗濯掃除洗剤など安心暮らせるため清潔衛生商品、シャンプーボディソープなど健康清潔衛生貢献提供するスキンケア・ヘアケア製品、一人ひとり個性寄り添う化粧など、たち健康清潔暮らしため様々製品提供いる花王。世界人々喜び満足ある豊か生活文化実現、社会サステナビリティ貢献使命として掲げます。


同社は、顧客安全安心製品利用できるよう、製品情報集めカタログ構築し、web公開ます。


紹介いる製品用途、成分、使用目安、使用注意など情報ですが、情報多岐にわたること工数増大つながっました。


「製品情報役立ち情報事業部門、材料成分情報研究・開発・生産部門、というように、製品カタログ掲載する情報部門管理ます。製品カタログ製品追加たり、情報更新たりするは、部門から必要情報それぞれ収集て、テキスト画像編集・加工、入力なけれなりません。この作業全て人手行っため、担当負担大きいだけなく、簡単情報更新できるよう状況なかっです」花王後藤言います。

 

この制作工数の多さは業務効率だけでなく、より良い製品カタログを実現する際のハードルにもなっていました。


「Q&Aや関連するブログ記事など、製品を軸に『芋づる式』に情報がつながっていく。そんな製品カタログを実現して、お客様がもっと便利に製品を利用するためのサポートをしたいという思いがありましたが、人手で多くの工数がかかる作成プロセスが負担となっていました」と花王の田中剛氏は言います。

情報の収集と製品カタログへの反映を自動化

製品カタログ作成プロセス見直すこと同社は、情報自動収集製品カタログ自動反映向け検討開始ました。


検討結果、同社採用部門システム連携し、様々製品情報自動的収集するシステム構築です。このシステムハブ位置付けて、そこから製品カタログ基盤なっいるCMS(Contents Management System)情報自動入力することで、製品カタログ作成自動することです。


「各部門システムCMS直接つながなかっは、製品カタログ掲載する予定あるどう関係なく、より多様情報ハブなるシステム集約おき、将来製品カタログ以外情報活用ニーズ対応たり、製品カタログ拡充たりするためです。そのため部門システム製品マスタ統合するという選択肢ありますが、現場業務支えいる全て部門システム加えるリスク大きく、現実ない考えました」田中言います現在このハブなるシステム採用いるアドビAdobe Experience Manager Assetsです。

 

もともと同社は、webCMSとしてAdobe Experience Manager Sites採用おり、DAM (Digital Asset Management)としてAdobe Experience Manager Assets利用すれ容易連携せることできます。

1カ月半かかっていたカタログ更新を早ければ数日で完了

Adobe Experience Manager Assetsハブ製品情報自動収集、自動入力仕組みによって、同社製品カタログ作成プロセス大幅効率ました。「手作業は、ある製品カタログ更新計画から実際反映れるまで1カ月要しましが、現在早けれカタログ更新できます」田中成果述べます。


Adobe Experience ManagerAmazon Web Service運用ますが、Adobe Experience Manager Assets役割Adobe Experience Manager SitesDAMだけないため、あえてインスタンス分け運用ます。

より充実した製品カタログで顧客の生活をサポート

もちろんこの仕組みによってカタログ情報拡充進んます。その製品どこ買える分かる「取扱探すという情報追加ました。製品カタログ開く基本製品情報すぐ「取扱探す」というリンクありここクリックする利用近隣どの店舗購入できるマップ表示れるです。単に取り扱い契約あるいうだけなく、鮮度高い情報取扱紹介することで、在庫ある可能高い店舗紹介顧客買い物サポートます。

製品情報の自動収集の仕組み

行動情報なども活用して様々な施策にチャレンジ

製品カタログ以外情報活用について徐々に機運高まっます「これまで、現場は、ある情報欲しい思っも、それどこある判然ないことから活用二の足踏む場面多かっようです。一方、現在欲しい情報必ずあるはず前向き検討する『データ活用文化』根付きつつあります」後藤言います。


また同社webユーザー行動分析Adobe Analytics、そしてクリエイティブ領域PhotoshopIllustratorといったアドビプロダクト利用ます。デジタルプラットフォームアドビ製品統一いること活かし例えばAdobe Analytics分析web行動情報応じパーソナライズコンテンツ顧客提案いくなど、様々施策つなげること検討ます。


カタログ作成プロセス改善すること顧客体験向上加えデータ活用向け環境整備行っ花王今後同社取り組みから離せませ

後藤 亮 氏

DX 戦略推進センター
マーケティングプラットフォーム部 部長
後藤

田中 剛 氏

DX戦略推進センター
マーケティングプラットフォーム部
プラットフォーム開発1室 室長

田中


関連するユーザー事例