B2B/B2Cデジタルコマース

ECやデジタルコマースの体験価値を高めるには?

どのチャネルでもショッピング体験を魅力的にするため、どのようにアドビ製品がお役に立つかをご紹介します。


デジタルコマースのために対応すべきこと

変化する市場ニーズにすばやく対応したショッピング体験の提供

ビジネスモデルを問わないコマース戦略

B2B/B2Cを問わず魅力的なショッピング体験を提供

顧客ニーズへのきめ細かな対応

一人ひとりに合わせた訴求や価格を提示し、コンバージョンとリテンションを向上

柔軟性と拡張性

クラウドを活用してROIを向上

EML

今年も先進的なExperience Maker皆さまお招きした

「Adobe Experience Makers Live 2022」開催しました。

デジタルコマースのために対応すべきこと

変化する市場ニーズにすばやく対応したショッピング体験の提供

消費者は、ECサイトやオンラインモールでのショッピングに慣れ、新たなデジタルコマース体験にも期待しています。法人顧客も、デジタル取引の利便性に価値を見出しています。O2OやOMO、BOPIS、ダイナミックプライシング、RetailTechなど、コマースの未来はますます多様化しています。B2Bコマースにおいても、B2Bと同水準かそれ以上の利便性が求められるでしょう。ビジネスモデルを問わず、一人ひとりにとって心地よい、魅力的なショッピング体験を提供し続けることが、ビジネスの成功に不可欠です。


そこで重要なのが、変化し続ける市場環境や顧客ニーズにすばやく対応し、パーソナライズされたショッピング体験を実現する、柔軟で拡張性の高いデジタルコマース基盤です。そうした魅力的なショッピング体験を創出するのが、アドビのデジタルコマース基盤です。

Gartner

Gartner、アドビを6年連続でデジタルコマース分野の「リーダー」に選出

アドビがリーダーに選出された理由を、「Magic Quadrant for Digital Commerce(デジタルコマース分野のマジッククアドラント)2022年版」でご確認ください。

Forrester

Forrester、アドビをB2Cコマース領域の「実力者」と評価

Adobe Commerceがどのように高く評価されているのか、「The Forrester Wave:B2Cコマースソリューション(2022年第二四半期)」でご確認ください。

ビジネスモデルを問わないコマース戦略

B2B/B2Cを問わず魅力的なショッピング体験を提供

ビジネス環境が複雑化しているからといって、デジタルコマース基盤も複雑である必要はありません。アドビ製品は、B2B、D2C(Direct To Consumer)、ハイブリッド(B2BおよびB2C)といった、コマースの形態を問わず、俊敏性の高いコマース体験を構築するのに役立ちます。

 個人向け直販か法人向け取引かを問わず、ひとつのアプリケーションだけで、複数のストアフロントやブランドを容易に展開できます。しかも、web、モバイル、マーケットプレイスなどの任意のデジタル接点をまたいで、シームレスなショッピング体験を提供できます。

顧客ニーズへのきめ細かな対応

一人ひとりに合わせた訴求や価格を提示し、コンバージョンとリテンションを向上

AIを利用したインテリジェントなコマース機能を活用すれば、顧客セグメンテーションとターゲティングを強化し、顧客一人ひとりに合わせてパーソナライズされたコンテンツやオファー、価格を提供できます。

あらゆるデータを一元化し、データの可視化、クラウドベースのホスティング、堅牢なダッシュボード、レポート作成ツールを利用して管理することで、その価値を最大化できます。さらに、価値の高い顧客を特定してその行動をリアルタイムで追跡し、あらゆるチャネルをまたいでパーソナライズされた体験を提供できるようになります。

柔軟性と拡張性

クラウドを活用してROIを向上

クラウドベースのコマース基盤なら、ビジネスの成功を左右する魅力的なコマース体験を、大規模かつ安全に提供できます。アドビのコマース基盤は、ERP(エンタープライズリソースプランニング)、CMS(コンテンツ管理システム)、CRM(顧客関係管理)、OMS(受注管理システム)、PIM(商品情報管理システム)といった基幹システムと、シームレスに連携できます。

また、ヘッドレスアーキテクチャにより、チャネルやデバイスをまたいだエクスペリエンスの配信とストアフロントの更新を容易におこなえます。

ガイド

魅力的なショッピング体験のために

顧客は商品そのものではなく、体験を買っています。コマースのあり方を変革し、顧客との新たなつながり方を生み出しましょう。

ユーザー事例

Helly Hansenのロゴ

「今では、7カ国語に対応し、さまざまな支払い方法や発送方法に対応する55のサイトを展開するまでになりました」

Theodor Tollefsen氏
(Helly Hansen、コンシューマービジネス担当ディレクター)


その他のアドビ製品を見る

ソリューション

ソリューション

アドビがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。