広告エクスペリエンスを連結

広告担当者の課題をアドビが解決

広告主は多くの課題に直面しています。プライバシーに関する規制は厳しさを増し、オムニチャネル広告は複雑で、広告プロセスには透明性が欠如しており、あらゆる企業は測定に関する取り組みを改善する必要に迫られています。幸いにもアドビは、統合された広告テクノロジーと高い可視性を提供し、ビジネスの成功を後押しすることができます。目標達成への道のりに、進歩と変化は不可欠です。

広告の課題に対する包括的なアプローチ

アドビがどのように広告に関する課題を解決するために役立つのかをご確認ください。透明性や測定機能、あらゆる広告とエクスペリエンスをつなぐ方法などをご紹介します。透明性や測定機能、あらゆる広告とエクスペリエンスをつなぐ方法などをご紹介します。

広告取引
デジタルからTVまで、あらゆるチャンネルを一元管理する、業界初の独立性を保ったエンドツーエンドの広告基盤により、透明性を高めてブランドを保護できます。

オーディエンスプロファイル
オンラインやオフライン、3rdパーティ、社内など、あらゆる情報源から得たデータを統合して、単一のプロファイルを構築し、リアルタイムのアクティベーションを通じてアドビの広告基盤で活用できます。

分析
ビュースルーやクリックスルーなどの分析データをDSPに直接提供し、マシンラーニング(機械学習)を活用してキャンペーンを最適化するためのインサイトを獲得できます。

広告とは、つなげること

広告を取り巻く環境は確実に変化しています。しかし、適切なクリエイティブを的確なオーディエンスに提供し、見込み客をロイヤルティの高い顧客に変えるという目標は変わりません。今日、そのためのツールは、複雑さを増す広告環境に対応するために大きな進化を遂げています。

広告のあらゆる面をつなげることが究極の目標です。データ、チャネル、クリエイティブ、プラットフォームをつなげることができれば、透明性が増し、広告費用が最適化され、ブランドエンゲージメントが高まります。変化を続ける広告に関する最新の情報を、広告に関する記事でご確認ください。


「長年、広告業界で働いてきました。効果的にターゲットを定めたり、人々が何に関心を持っているのかを特定したりするためのデータ利用に関して、この数十年で様々な将来像が提示されてきましたが、今はそれらが現実のものになりました」

Cindy Nowicki氏
ServiceNow、デジタル顧客獲得担当ディレクター


3本柱の統合

連続性のある広告エクスペリエンスを実現するうえで重要な役割を担うのは、分析、オーディエンス、広告(英語)の3本柱です。従来、これらに関する機能は連携することなく分断していましたが、アドビの最新製品では高度に統合しています。その仕組みを、以下のふたつのブログ記事でご確認ください。

2019年の広告トレンド

先頃、アドビはEconsultancyと共同で、広告に関する主要なトレンドを調査しました。その結果をまとめたレポートをお読みいただけます。特に興味深いのは、広告主にとっての最優先事項でした。調査では、46%の回答者がコンテンツとエクスペリエンスの管理が重要と答えています。また、44%はオーディエンスとデータの管理が優先課題であると回答しています。つまり、データとエクスペリエンスの管理方法はつながっているのです。

連続性のある広告の舞台裏

ご安心ください。あらゆることに一人で取り組む必要はありません。今や、人工知能(AI)やマシンラーニングを利用して、豊富なインサイトを導き出し、データを処理することが可能な時代です。これらのテクノロジーの助けを借りて、広告費の最適化を進め、あらゆる広告を単一の基盤にまとめることができます。


「Adobe Advertising Cloudは、従来のどのようなソリューションよりも強力なアルゴリズムを採用しています。Adobe Senseiと人工知能が私たちの視野と適応範囲を広げることで、各機能の効果がさらに高まりますし、それぞれの機能の効果がさらに高まり、また、リソースを自動的に割り当てることでチームとしての力が格段に向上しました」

Mark Dawson氏
Allianz Group、デジタル最適化担当シニアマネージャー


アナリストが語る

業界に精通し、優れた製品を求めてアドテクを調査しているアナリストの評価は、信頼に値するものです。最新のレポートをいくつかご紹介します。

クロスチャネル動画基盤でどこからでも視聴を可能に

Forresterは最近の調査において、アドビを動画広告基盤のリーダーに選出しました。詳しくは、「The Forrester New Wave™: Cross-Channel Video Advertising Platforms(クロスチャネル動画広告プラットフォーム)、2019年第3四半期」をお読みください。

アドビ、アドテク界のリーダーに再び選出

Gartnerの調査レポート「Magic Quadrant for Ad Tech Platforms(アドテク分野のマジッククアドラント)、2019年」において、アドビが再びリーダーに選出された理由をご確認ください。

エクスペリエンス時代の広告のあり方

Adobe Advertising Cloudのバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるKeith Eadieが、エクスペリエンス時代が進むにつれて、より消費者に焦点を当てるようになった広告業界の現状を語っています。

プレゼンテーションを見る(英語)

広告に関するインサイトとリソース

記事

デジタル広告:わずか25年間で、広告の一大勢力に

デジタル広告の進化を確認し、これまでの歴史を振り返り、将来の展望を探りましょう。

基調講演

Adobe Advertising Cloud
Universityの基調講演

業界屈指の優れた知性が語る、示唆に富んだプレゼンテーションをご覧ください。プライバシーに関する課題から効果的なデータ利用まで、多岐にわたる話題が論じられています。

記事

基礎から押さえる「広告アトリビューション分析」:顧客育成シナリオを軸に考える、価値を引き出す広告運用とは

広告はいま、カスタマージャーニー全体を見渡し、「あらゆる段階の顧客体験を適切に管理する」という視点の中に組み込まれるようになった。しかしその視点で運用を実施できている企業はまだ少ない。あるべき広告運用の基本的な考え方を探る。

優れたエクスペリエンスに欠かせない他の役割について

進歩は単独で生じるものではなく、一人の力で成功することはできません。他の役割を担い頼りになるチームメイトのことを知り、全員で協力して顧客体験を改善する方法を把握してください。

デジタルリーダー

デジタルリーダーはデジタル変革の最前線に立ち、競合他社の一歩先を見つめ、優れた顧客体験の創出に取り組んでいます。デジタルリーダーの役割と、長期的な成功を成し遂げるための共同作業の方法をご確認ください。

マーケター

マーケターは、キャンペーンの連携からコンテンツ創出の高速化に至るまでを網羅する、6つのマーケティングユースケースを習得する必要があります。マーケターの役割およびマーケターと緊密に連携する方法をご確認ください。

IT

IT担当者にとって、顧客体験の管理は最重要事項です。デジタル変革の推進には、堅牢なテクノロジーと高い拡張性、人工知能(AI)の活用が不可欠です。IT担当者の役割と、それを成功させるための共同作業の方法についてご確認ください。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご説明します。