顧客体験はミッションクリティカル

企業の市場競争力の源泉は、顧客体験です。ITリーダーに求められるのは、自社の提供する顧客体験をあるべき姿へと管理すること、すなわちCXMの推進による、デジタル変革です。CXMをアドビが支援します。

革新的な顧客体験の実現には、革新的なテクノロジースタックが必要です。

デジタル変革の要諦はCXM

競争力のある企業は、CXM(顧客体験管理)を推進するデジタル変革により、顧客により優れた価値を提供しています。Forresterの調査によると、それらの企業では、ROIが250%、コンバージョンあたりの利益が10%向上しています。すなわち、顧客体験への投資には極めて大きな価値があるのです。

アドビ製品の利点

CXM(顧客体験管理)のためのテクノロジー

CXMの適用領域は、CRM、CDP、顧客エンゲージメントのような既存の領域よりも、広範囲にわたります。アドビのCXMテクノロジーは、既存領域からの再利用ではなく、始めからCXMを目的とした設計思想のもとで開発されています。アドビは今後も、CXMに特化したテクノロジーの開発を推進していきます。

リアルタイムの顧客プロファイル

データが複数のシステムに分かれて管理されていると、詳細な顧客像は把握できません。Adobe Experience Platformなら、継続的なインテリジェンスにより、あらゆるデータをまとめてリアルタイムの顧客プロファイルを作成し、真の意味でパーソナライズされたエクスペリエンス提供できます。

自由な拡張により俊敏性を強化

作業の高速化、効率化が求められる中、アドビはオープンソース技術に取り組み、様々なAPIを用意しているので、費用の掛かるシステムインテグレーターに頼ることなく必要なものを自由に開発できます。

顧客エクスペリエンスに対応した継続的インテリジェンス

リアルタイムに最良の決断を下すには、継続的なインテリジェンスが欠かせません。Adobe Senseiにより、顧客体験管理用にトレーニングされた高性能な人工知能(AI)や、お客様独自にトレーニングしたモデルを利用して、より迅速にイノベーションを起こすことができます。

プライバシー、コンプライアンス、セキュリティを考慮した設計

あらゆる技術にはトレードオフがあり、イノベーションにはリスクが付きものです。しかし、アドビ製品にはプライバシーとセキュリティ関連の機能が組み込まれており、一般データ保護規則(GDPR)などの規制を遵守し、先進の取り組みに起こりがちなリスクを軽減します。

ハイパフォーマンス&世界規模

重要なのは、顧客体験に対応できる時間です。アドビは世界各地にデータセンターを設置し、先端技術への投資を続けているため、たとえデータがペタバイトやエクサバイトの規模になっても高速かつ信頼できるパフォーマンスを提供できます。

Gartner調査レポートMagic Quadrant for Digital Experience Platforms(デジタルエクスペリエンス プラットフォーム分野マジッククアドラント)2022おいてアドビリーダー選出されました。

顧客エクスペリエンス業界をリードするアドビ

アドビは、顧客体験の活用のために必要な様々なテクノロジーにおいて、アナリストからリーダーに選出されています。

SILICOM LABS

「当社では、オンプレミス環境の管理よりも、新製品の設計にリソース投資したい考えています。Adobe Experience Managerクラウド環境で利用することで、コアコンピテンシー注力し、効率的拡大可能なりました」

Sherri Wood氏(Silicon Labs、ITディレクター)

Silicon Labsでは、アドビ製品利用して、グローバル規模で誰もがコンテンツアセットを管理できるようにし、詳細な顧客インサイトを獲得しています。その結果、ITチームは従来通りにマーケターをサポートしながらも、より重要な課題に集中して取り組めるようになりました。

関連トピックス

Adobe Experience Cloudお客様ビジネスどのように役立つのかご案内します。