デジタル基盤

アドビ製品でデジタル基盤を構築

アドビ製品でデジタル基盤を構築

アドビは、コンテンツ、データ、AI(人工知能)を基盤にした顧客中心のデジタル変革を実現し、顧客一人ひとりに向けた大規模なエクスペリエンスの創出を支援します。

再生ボタン付きSilicon Labsビデオのスクリーンショット

しっかりとした基盤の利点

デジタル基盤とは、ソフトウェアベースのコンテンツ管理システム(CMS)のことです。これを利用し、企業は強力なデジタルテクノロジーを使用して、顧客の期待に応えるエクスペリエンスを提供することができます。それこそが、デジタル基盤が重要である理由です。

一人ひとりの顧客に適切なコンテンツを提供する方法を、アドビのガイドでご確認ください。

テクノロジーの統合

様々な機能がデータをやり取りして連携することで、マーケティングチームが一丸となって協力し、カスタマージャーニー全体を通じて顧客インタラクションを追跡できます。

強力なパーソナライゼーション

組織内の障壁を取り払うことで、オーディエンスの興味関心を容易に理解できるようになり、チャネルをまたいで適切なエクスペリエンスを提供できます。

クラウドベースのアーキテクチャ

クラウドで運用し、従来のチャネルと新興チャネルの両方をサポートします。また、事前に構築されたコネクタやフレームワークを利用して、デプロイメントを高速化できます。

しっかりとしたデジタル基盤の設計図

デジタル変革の取り組みを始めたばかりでも、ビジネスをより高いレベルに引き上げようとしている場合でも、アドビは、それぞれの企業のニーズに最適なテクノロジーを提供します。 

コンテンツの制作と管理

コンテンツの制作と管理

コンテンツの管理を始める場合

CMSを使用すれば、コンテンツをすばやく制作、公開、管理できます。これにより、チャネルをまたいでコンテンツを配信し、プロセスを改善するためのデータ収集が可能になります。


規模の拡大を進める場合

拡張性と安全性、俊敏性を備えたクラウドネイティブCMSを利用すれば、オーディエンスがどれだけ複雑であっても、顧客一人ひとりに対して適切なエクスペリエンスを提供できます。


クラウドネイティブCMSをすばやく導入する方法
今すぐ読む

データの統合

データの統合

データの統合を始める場合

あらゆる顧客インタラクションを追跡できる強力な分析製品を利用すれば、チャネルやデバイスをまたいでデータを収集し、個々のオーディエンスセグメントに対して適切なエクスペリエンスを提供できます。


データの活用を進める場合

カスタマージャーニーの分析ツールを使用すれば、顧客データの隠れたパターンの特定をおこない、データから大規模なインサイトを獲得して、次に取るべきアクションを明確に把握できます。


分析の次の10年に向けた10の予測
今すぐ読む

連続性のあるスムーズなカスタマージャーニーは強力なデジタル基盤から生まれる

Econsultancyの調査レポート「Digital Trends 2020年版」によると、マーケターは、2020年の最優先事項として「カスタマージャーニー」を、次に僅差で「ターゲティングとパーソナライゼーション」を挙げています。その詳細を、レポートでご確認ください。

最適化とパーソナライゼーション

最適化とパーソナライゼーション

最適化を始める場合

最適化ツールを利用すれば、webサイトやシングルページアプリ、モバイル、電子メール、オファーなどをまたいでエクスペリエンスを調整し、コンバージョン率を高めるためのテストと改善を実行できます。


パーソナライゼーションを進める場合

あらゆるチャネルに対応するパーソナライゼーションツールを利用すれば、顧客一人ひとりに対して適切なエクスペリエンスを提供し、テストとターゲティングを大規模かつ自動的におこなえます。


パーソナライゼーションの成功例から学ぶ
今すぐ読む

拡張

拡張

拡張を始める場合

堅牢なデータ基盤を利用してマーケティングシステムを接続すれば、あらゆるソースからのデータをつなぎ合わせて、リアルタイムに対応するための統合プロファイルを構築できます。


システムの統合を進める場合

統合デジタル基盤を構築すれば、マーケティングチームとITチームが単一のテクノロジーと基盤を使用して連携し、何百万もの顧客のニーズに対して一元的に対応できます。


Forresterレポートのスクリーンショット
Forresterのロゴ

アドビ、デジタルエクスペリエンスプラットフォーム分野のリーダーに選出

Forresterが、Adobe Experience Platformをリーダーに選出している理由を、レポートでご確認ください。

アドビがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。