用語集索引

A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z


用語集索引

A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z


用語集索引

A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z

用語集:用語

サプライチェーン

クイック定義

サプライチェーンとは、商品を生産して流通させるための一連の仕組みのことです。

重要ポイント

 

サプライチェーンとは、マーチャントが適切な場所に、タイミングよく、的確な量の商品を確保するための一連の仕組みのことです。

マーケターは、顧客の需要を創出してそれを満たすために、サプライチェーン管理を活用します。

適切なサプライチェーン管理は、小売企業の収益性を左右します。


サプライチェーンに関するさまざまな疑問に、Michael Kleinが回答します。Michaelはアドビで、小売、旅行、消費財の業界戦略およびマーケティング担当グローバルディレクターを務めています。30年以上のマーチャンダイジングとデジタルマーケティングの経験を有する専門家です。

質問:サプライチェーンとは何ですか?

回答:商品を店頭の棚やeコマースサイトに陳列するのは高度なプロセスです。消費者は、何がきっかけで、商品が適切な場所に、タイミングよく、的確な量だけ並べられるのか、必ずしも理解していないかもしれません。

サプライチェーンとは、商品を生産して流通させるための一連の仕組みのことです。商品は、物理的な商品やサービスの一形態である場合があります。その商品を生産から流通へと導く仕組みは、多くの場合、リソースやテクノロジー、生産活動、個人、企業をつなぐネットワークで構成されています。

質問:サプライチェーンにはどのような種類がありますか?

回答:マーチャントの種類によって、サプライチェーンの起点はいくつかあり、その形態も異なります。しかし、サプライチェーンの終点は、商品が処理されて顧客に出荷される流通センターか、店舗の陳列棚のいずれかであることが一般的です。

中には、農家が原材料を生産する農場から始まるサプライチェーンもあります。自社で商品を製造する企業では、まず生産者から原材料を調達し、その原材料を製造拠点に配送する調整が必要になります。製造企業は原材料を最終的な商品に仕上げます。そして流通企業は、完成品を適切な場所に、タイミングよく、的確な量だけ配送する作業をおこないます。これをオーダーフルフィルメントと呼びます。原材料の調達を気にすることなく、製造企業や企業の倉庫を起点として、完成品を購入するサプライチェーンもあります。

食料品店や一部の小売企業などのマーチャントは、ハイブリッド型のサプライチェーンモデルを採用しています。製造企業から商品の一部を購入する一方で、原材料を調達してプライベートブランドの商品を製造することもあります。

これらのアプローチには、メリットとデメリットがあります。たとえば、小売企業が原材料の調達から始めない場合、製造工程やスケジュール、商品の提供を制御できない事態がよく発生します。一方、小売企業がさまざまなベンダーから購入すれば、消費者に多種多様な商品を提供することが可能になります。

質問:なぜサプライチェーンはマーケティングに重要なのですか?

回答:最初はわかりにくいかもしれませんが、マーケティングとサプライチェーンの間には、マーチャンダイジングという架け橋があります。マーチャンダイジング部門は、商品を棚に並べるかどうかを決定する責任があり、サプライチェーンの専門家と密接に連携して、オーダーフルフィルメント、補充、商品が配送センターや小売店に届くまでの過程を管理しています。

マーケターは、需要と供給の管理に関してマーチャンダイジング部門とサプライチェーンに依存しています。たとえば、大量の供給がない場合、マーケターは顧客の需要を創出しようとは考えません。また、需要が供給を上回れば、顧客もマーケターも不満に思います。

質問:サプライチェーンの仕組みを教えてください。

回答:それぞれのサプライチェーンネットワークには、独自の要素や特徴がありますが、標準的なサプライチェーンでは、同様の一般的なプロセスをたどります。

製造企業は、商品の注文をある程度まとまった単位で受け取ります。小売企業が自社で商品を製造している場合は、注文は自社から来ます。それ以外の場合、注文は、サプライチェーンマネージャーや在庫管理部門から来ます。製造企業は、注文を受けると、バイヤーを派遣して注文を満たすために必要な原材料を調達するか、倉庫から適切な量の材料を取り出します。

製造企業には、ディスクリート型と大量生産型の2種類あることを理解しておく必要があります。ディスクリート型とは、製造企業が特定の注文を満たす量の商品を製造することです。大量生産型では、製造企業が大量の商品を製造し、それを倉庫に保管して、さまざまな第三者に販売します。

製造企業は注文を受けた後、商品を倉庫または配送センターに配置します。そこから、輸送企業が小売サイトや小売企業の配送センターに移動させます。商品が小売企業の施設に移動した後は、小売企業が計画、在庫配分、オーダーフルフィルメントを調整することになります。小売企業は、実店舗に適切な量の在庫を保ち、eコマースの注文を満たすための配送センターや店舗にも在庫を用意できるシステムを保有している必要があります。

質問:なぜサプライチェーン管理が重要なのですか?

回答:適切なサプライチェーン管理は、小売企業の収益性を左右します。小売企業は、適切な商品を的確な場所にタイミングよく配置しなければ、顧客の需要に応えることができず、販売機会を逃すことで損失を被ります。また、適切な量の在庫を提供できなために価値を提供できなくなります。

一方、小売企業が需要を過大評価して過剰に発注した場合、厳しい値下げ戦略を実施する他なくなります。それは、企業にとっての損失を意味します。

質問:サプライチェーンの課題にはどのようなものがありますか?

回答:サプライチェーンの最大のリスクは、サプライチェーンの混乱であり、混乱はさまざまな形で現れます。

混乱のひとつは、材料の入手可能性が変動することです。産業界では、特にCOVID-19の影響により、このような混乱が広がりました。商品の供給は、特定の半導体や木材、生鮮食品などの入手可能性に依存する場合があります。これらの原材料が入手できなければ、製造企業は商品を生産することができません。

もうひとつの課題は、原材料の品質レベルです。製造企業が求める品質を満たさない原材料を受け取った場合、品質を満たす原材料の到着を待つために、サプライチェーンのあらゆる工程が遅延します。

あまり一般的ではありませんが、自然災害もまた、サプライチェーンを中断させる可能性があります。自然災害によって原材料が破壊される、商品輸送が妨げられるといった可能性があります。

また、在庫管理の課題もサプライチェーンの遅延につながります。商品の数を間違って製造や記録することで、流通企業が注文に応じられなくなったり、余った商品が無駄になったりする可能性があります。

質問:サプライチェーンは今後、どのように進化していきますか?

回答:多くのサプライチェーンがデジタル変革に取り組んでおり、今後もその傾向は続くでしょう。デジタルのビジネスプロセスが一般的になる前は、サプライチェーンマネージャーは、紙の発注書やその他の印刷ドキュメントに依存して在庫を管理していました。今日のデジタルツールは、AI(人工知能)、マシンラーニング(機械学習)、自動処理ロボットなどにより、製造や流通の方法を変えつつあります。こうした進化したテクノロジーが、サプライチェーンの仕組みを劇的に向上させるでしょう。

アドビ製品を活用しましょう

Adobe Experience Cloudを利用して、新たなマーケティングの機会を生み出しましょう。