Real-time Customer Data Platform(リアルタイムCDP)

既知顧客データと匿名顧客データをひとつに統合、活用

あらゆるデータポイントから既知顧客と匿名顧客のデータを収集、標準化、統合顧客プロファイルを構築し、任意の施策へと活用できる、次世代のCDPです。顧客規模がどれほど多くても、一人ひとりのエクスペリエンスをきめ細かくパーソナライズすることができます。

注目機能 - RTCDP

Real-time Customer Data Platformが実現すること

単一の統合されたデータフォーマット
自社データや外部ソースからのデータ、既知顧客データや匿名顧客データを問わず、あらゆる個人および企業のデータをリアルタイムで活用するために標準化して結合できます。

個人および企業のリアルタイムのプロファイル
IT部門に依頼することなく関連するデータをつなぎ合わせ、リアルタイムで更新される詳細かつプライバシーに配慮したプロファイルを構築できます。

アクションにつながるB2CおよびB2B向けのインサイト
顧客の反応に即座に対応し、webや電子メール、モバイル、ソーシャルメディアなど、あらゆる配信先に適切なエクスペリエンスを提供できます。

プライバシー保護とデータガバナンス
データガバナンス機能を利用して、透明性の高い責任ある形でデータを使用できます。消費者は、より詳細に自らの情報を管理できるようになります。

Real-time Customer Data Platformは、Adweekの「読者が選ぶ最優秀Customer Data Platform賞」を受賞

マーケティングにおける3つの大きな課題を、リアルタイムCDPがどのように解決したのかをご確認ください。

さらに詳しく(英語)

B2CおよびB2Bの大規模なマーケティングを念頭に置いて開発

ストリーミングデータ収集

アドビ製品およびアドビ製品以外でも利用できる、標準化された柔軟性の高いデータモデルを活用できます

B2BおよびB2Cマーケティングのために設計された個人および企業ベースのデータスキーマを利用できます

接続されているシステムをまたいで、リアルタイムのデータを統合できます

個人および企業ベースの構築済みデータソースコネクタの便利なライブラリを利用できます

ストリーミングデータ収集

マーケター向けのツール

リアルタイムのプロファイルとアクティベーション

個人に関するデータや企業に関するデータを含んでいる、個人と企業のプロファイルを統合できます

マーケター向けに設計されているため、ドラッグ&ドロップ操作だけでセグメンテーションをおこなえます

個人レベルおよび企業レベルでIDを解決し、プロファイルを強化できます

あらゆるチャネルと環境でリアルタイムにアクティベーションできます


特許取得済みのデータガバナンス

あらかじめ用意されたカスタマイズ可能なデータガバナンスフレームを利用して、責任ある形でデータを活用できます

データにラベルやポリシーを適用して、コンプライアンスを確保できます

ポリシーに違反したデータ使用に自動的に対応し、不適切なデータ使用を最小限に抑えます

わかりやすいデータリネージをもとに、容易にデータを修正できます

リアルタイムのプロファイルとアクティベーション

アドビは、マルチチャネルマーケティングハブ分野のリーダー


アドビは、Gartnerの調査レポート「Magic Quadrant for Multichannel Marketing Hubs(マルチチャネルマーケティングハブ分野のマジッククアドラント)2020年版」において、リーダーに選出されています。19社のベンダーの中から、アドビがリーダーに選ばれた理由をご確認ください。

関連トピックス

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご説明します。