Adobe Experience Platformセグメンテーション

リアルタイムの対応を支える柔軟なセグメンテーション

Adobe Experience Platformを利用すれば、あらゆるデータを一元化し、リアルタイムの顧客プロファイルにもとづいてオーディエンスセグメントを構築して、自動的に管理できます。

 

柔軟なセグメンテーション
利点

利点

一元化された強力なセグメンテーション
リアルタイムの顧客プロファイルデータを活用し、セグメントの構築とオーディエンスの生成をおこない、Adobe Experience Platformで管理できます。

シンプルなオプトアウトリクエスト
顧客が、自身のデータに関するオプトアウトリクエストを送信できるようにすることで、オーディエンスを生成する際に、顧客の意向を尊重することが容易になります。

複数のエンティティのセグメンテーション
追加の製品データや店舗データなどの広範なデータを利用して、顧客プロファイルデータを拡張することで、あらゆるデータソースを最大限に活用できます。

ストリーミングセグメンテーション
データがAdobe Experience Platformに移動する際に、セグメントルールをすばやく評価し、セグメントを自動的に最新の状態に保つことができます。

Experience Platformのセグメンテーションのチュートリアル

セグメントの作成
Adobe Experience Platformのセグメントビルダー機能の使用方法を説明します。

動的セグメントの作成
動的なセグメントを作成して、拡張性に関する課題を解決する方法を説明します。

クラスをまたいだセグメンテーション
複数のエンティティのセグメンテーションを実行する方法を説明します。