https://images-tv.adobe.com/mpcv3/1229/a36bc2b9-0df9-467e-a06c-8f6922dc25f8_1679427092.1920x1080at3000_h264.mp4

ADOBE CUSTOMER JOURNEY ANALYTICS

クロスチャネルの顧客インサイトを獲得し、すぐにビジネスに活用

オンラインとオフラインのあらゆる顧客接点をつなぎ合わせて、カスタマージャーニーを包括的に把握し、リアルタイムの優れた顧客体験を大規模に構築するために必要なインサイトを獲得できます。

動画を見る

Adobe Customer Journey Analyticsが実現すること

  1. データの統合
  2. カスタマージャーニー全体を可視化
  3. AIを活用したインサイト
  4. データにもとづく意思決定
  5. インサイトの活用
  6. プロダクトチーム向けのインサイト
active tab

オンライン、オフラインを問わず、あらゆるチャネルからデータを収集して統合

Adobe Customer Journey Analyticsなら、あらゆるエンゲージメントチャネルからデータを収集できます。それらのオムニチャネルデータを標準化し、つなぎ合わせれば、包括的なカスタマージャーニーを把握できます。

ストリーミングデータを収集し、最新の顧客像と顧客行動を把握

顧客がオンラインから実店舗、コールセンターなどに移動する際のデータを収集

包括的に関連付けられたデータにより、SQLステートメントを記述することなく、あらゆるチャネルの任意のデータ要素を分析

複数のチャネルとデバイスのIDを接続して、単一の統合された顧客プロファイルを作成

さらに詳しく

カスタマージャーニーの全体像

カスタマージャーニー全体を、端から端まで、チャネル横断的にインタラクティブに探索します。

ドラッグ&ドロップのシンプルなインターフェイスにより、誰でも数か月ではなく数分で分析をカスタマイズできます。

フロー分析とフォールアウト分析により、顧客がwebページやアプリをどのように探索し、いつ離脱したのかを確認できます。また、物理的な体験を確認することもできます。

ルールベースのモデリングとアルゴリズムによるアトリビューションでは、顧客の行動をしっかりと分析し、結果を把握できます。

コホート分析により、共通の特性を持つ顧客を特定し、時系列で比較することで、重要なトレンドを把握し、分析できます。

さらに詳しく

AIを活用したカスタマージャーニーのインサイト

セグメンテーションを改善し、客観的なアトリビューションを取得し、チャネルをまたぐデータから、異常値の原因をAI(人工知能)で明らかにします。

顧客のインタラクション間の因果関係を理解

アクションプランを評価し、指標を検討し、成功とコストの最適化に関連する代替モデルを作成します。

異常検知機能を利用して異常値を発見し、ビジネスに影響を与える要因をピンポイントで特定します。

マーケター、アナリスト、コンテンツ制作者向けに設計された組み込みのAIサービスにより、日常業務にAIを簡単に適用できます。

高度な質問に回答し、インサイトを表面化する生成AIを活用することで、価値創出までの時間を短縮し、アナリストへの依存度を低減します。

さらに詳しく

全社的に利用可能なインサイト

顧客体験の責任者は誰でも、web訪問から購入、顧客との電話やチャットまで含め、顧客とのやり取りの全体像にもとづいて意思決定することができます。

直感的でコラボレーティブなユーザーインターフェイスにより、あらゆる部門がデータにアクセスし、理解することができます。

レポートを作成、共有し、特定のチームに送信するようにスケジュールを設定することができます。

経営陣は、Adobe Analyticsダッシュボードにより、データのリアルタイムのスナップショットを自身のモバイルで確認することができます。

Adobe Experience Platformの特許取得済みのプライバシーツールにより、ロールベースのアクセスが強制され、顧客のプライバシーを保護しながら、適切なチームが顧客の全体像にアクセスできるようになります。

さらに詳しく

新しいオーディエンスをすぐに活性化成果の測定が容易に

高度なクロスチャネル分析により、価値の高い新しいオーディエンスを発見し、Adobe Journey OptimizerやAdobe Real-Time CDPなどのアプリケーションですぐに活性化することができます。

リアルタイムのクロスチャネルデータにより、常に最新のプロファイルとオーディエンスを活用

アクション、ジャーニー、イベントなどの特定のフィルターにもとづいてオーディエンスを構築し、日付や振り返り用のウィンドウを柔軟に設定

特定のイベントやキャンペーンの分析からオーディエンスを公開したり、変換中の属性にもとづいてオーディエンスを更新

Adobe Real-Time CDPを利用して、ネイティブにアクティブ化されたオーディエンスの行動を、Adobe Journey Optimizerで直接分析

さらに詳しく

プロダクトチーム向けのインサイトをリアルタイムで提供

プロダクトチームは、統合されたワークフロー、データ、顧客プロファイルを活用し、マーケターや顧客体験担当者と連携して、あらゆるチャネルでパーソナライズされたエクスペリエンスを提供できるようになります。

プロダクトチーム専用のワークフローとダッシュボードにより、アナリストに依頼することなくインサイトを獲得

トレンドを特定し、アナリストパートナーと協力してレビューを実施して、顧客体験を最適化

部門間でひとつのツールを共有することで、共同作業を促進

さらに詳しく

#2c2c2c

The Total Economic Impact™ of Adobe Real-Time Customer Data Platform, Journey Optimizer, and Customer Journey Analytics(Adobe Real-Time Customer Data Platform、Journey Optimizer、およびCustomer Journey Analyticsの総合的経済効果)

アドビのソリューションが、どのように431%のROIを達成したのか、レポートをご確認ください。

レポートを読む

Adobe Customer Journey Analyticsの特長

  • 単一の顧客像: あらゆるチャネルから顧客行動、取引、業務に関するデータを収集して、正規化し、実用的な単一のプロファイルを構築できます
  • 分析とインサイト: 顧客がどのようにカスタマージャーニーを進むのかを把握し、クロスチャネルのインサイトをリアルタイムで獲得できます
  • 1stパーティデータの収集: 先進的な1stパーティデータ基盤を利用して、将来を見据えたクッキーレス戦略を実現できます
  • プライバシーと信頼: Adobe Experience Platformの特許取得済みのデータガバナンスフレームワークにより、責任ある形でマーケティングをおこない、プライバシーポリシーに準拠できます
  • リアルタイム: データをすばやく処理し、パーソナライズされた顧客体験をミリ秒単位で提供できます
  • 大規模なパーソナライゼーション. パーソナライズされた体験を大規模に提供するためのデータ基盤、プライバシーガバナンス、アクティベーションツールを利用できます

さらに詳しく

詳細なパーソナライゼーションを実現するためのインサイト

オンラインとオフラインのあらゆるチャネルから収集したデータから、価値あるインサイトを導き出し、パーソナライズされた体験を構築、最適化、提供するのに活用できます。

あらゆる部門にインサイトを

  • マーケター: オンラインとオフラインのあらゆる顧客行動を分析できます。そうして獲得したインサイトは、コンバージョンの把握、エクスペリエンスの最適化、将来的なニーズの予測などに利用できます
  • プロダクトマネージャー: 顧客のニーズと顧客体験をより詳細に把握することで、より優れた製品の利用体験を実現できます
  • データアナリスト: クロスチャネルデータを利用して、高度な分析を実施し、顧客体験の改善を促進することができます

さらに詳しく

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/gen-ai/cja

「Query Service、Data Science Workspace、Customer Journey Analyticsを組み合わせて利用することで、強力な分析を一元的におこなえるようになりました」

Andreas Stuht氏(OTTO、eコマース分析責任者)

OTTOの事例を読む

#cb2227

効果的に連携

Customer Journey Analytics + Journey Optimizer

Customer Journey AnalyticsとJourney Optimizerを組み合わせて利用することで、リアルタイムの顧客インサイトにもとづき、一対一または一対多のカスタマイズされたオファーをタイミングよく提供できるようになります。

Journey Optimizerについて詳しく見る

関連トピックス

Content as a Service v2 - cja - Wednesday, January 31, 2024 at 13:29

よくある質問と回答

カスタマージャーニーとは何ですか?
カスタマージャーニーとは、認知からコンテンツへの関与、コンバージョン、アクションの実行まで、顧客が企業と接する際にたどる道筋のことです。カスタマージャーニーマップは、カスタマージャーニーを追跡するために頻繁に使用され、企業にとって非常に有用な参照先です。カスタマージャーニーマップは、ブランドの発見から購入、そしてその先に至るまでの各段階を視覚的に表現します。
カスタマージャーニー分析とは何ですか?
カスタマージャーニー分析では、カスタマージャーニーの各段階通じて、顧客と企業とのやり取りを追跡、分析します。カスタマージャーニーをより詳細に把握し、その過程で顧客がつまづきやすいポイントを特定し、顧客体験の最適化に役立つ独自のインサイトを得ることができます。
オーディエンスセグメンテーションとは何ですか?
オーディエンスセグメンテーションとは、オーディエンスを共通する特性にもとづいて異なるグループまたはセグメントに分けるプロセスのことです。各グループ、つまりオーディエンスセグメントを利用して、よりパーソナライズされたマーケティング施策を構築し、ターゲットオーディエンスの共感を得る、よりカスタマイズされたメッセージを配信することができます。
Adobe Customer Journey Analyticsはオムニチャネル分析を提供しますか?
はい。Adobe Customer Journey Analyticsは、Adobe Experience Platformで利用可能なあらゆるデータを利用して、クロスチャネルのインタラクションを迅速に分析できるアプリケーションです。これにより顧客体験の担当者であれば誰でも、あらゆるチャネルをまたいでカスタマージャーニーを包括的なコンテキストで可視化できるようになります。また、Analysis Workspaceのインタラクティブなセルフサービスクエリーエクスペリエンスを顧客データに導入することで、オムニチャネルのインサイトをリアルタイムで取得することができます。
Adobe AnalyticsとAdobe Customer Journey Analyticsの違いは何ですか?
Adobe Analyticsは、webサイトやアプリケーション向けに実用的な分析、オーディエンスセグメンテーション、レポートを提供します。一方、Adobe Customer Journey Analyticsは、webベースの顧客接点に限らず、カスタマージャーニー全体をエンドツーエンドで可視化できます。