インサイトの活用

新たなオーディエンスと機会の両方を発見

Adobe Customer Journey Analyticsなら、すぐに活用できる新たなオーディエンスセグメントを発見できます。高度なクロスチャネル分析を利用して、あらゆる顧客接点で個々のオーディエンスの行動と関心を追跡し、再訪問を促すパーソナライズされた体験を構築しましょう。

Adobe Customer Journey Analyticsを実際に体験しましょう

プロジェクト管理から部門をまたいだ共同作業、リアルタイムのレポートに至るまで、Adobe Customer Journey Analyticsによって、どのように作業を簡素化できるのか、動画でご確認ください。。

複雑なカスタマージャーニーを明らかにして活用

今日の複雑なカスタマージャーニーを把握することは、容易なことではありません。webサイトからアプリ、ソーシャルメディア、新興の仮想コミュニティに至るまで、顧客が利用するデジタルチャネルはより高度化しています。そのため、顧客がどこで時間を使い、どのようにして自社にたどり着いたかを把握することは、かつてないほど困難になっています。つまり、企業は、より的確な意思決定をおこなうために役立つ体験を特定し、獲得したインサイトをもとに顧客体験を構築する必要があるのです。

アドビがお手伝いします

Adobe Customer Journey Analyticsなら、数回クリックするだけで、オンラインとオフラインのチャネル全体における顧客の行動をつなぎ合わせ、オーディエンスにリーチするための新しい方法を発見できます。独自のオーディエンスセグメントをすばやく作成し、獲得した豊富なインサイトを統合顧客プロファイルに追加できます。将来にわたりブランドロイヤルティを高める優れた体験を生み出し、一つひとつのやり取りをより洗練されたものにしましょう。

インサイトを活用する方法:


リアルタイムの実用的なインサイトを活用
チャネル全体でクロスチャネルのインサイトを獲得し、プロファイルとオーディエンスをより正確に把握して、カスタマージャーニーをパーソナライズするための意思決定を迅速におこなうことができます。


より充実したオーディエンスプロファイルの構築

オーディエンスのエンドツーエンドのジャーニーを把握し、行動、ジャーニー、イベントにもとづいたフィルターを作成し、独自のセグメントをすばやく構築できます。

オーディエンスインサイトの共有

最新のオーディエンスインサイトを統合された顧客プロファイルに追加し、Adobe Experience Platformのアプリケーションから容易にデータにアクセスして活用できます。

The Home Depotロゴ

「私たちのお客様は、賢明で、経験豊富な買い物客です。カスタマージャーニー全体の体験をつなぎ合わせることで、オンラインや実店舗を問わず、あらゆる顧客に連続性のあるメッセージ、デザイン、アイデア、プロモーションを提供できるようになりました」

Mahew Jansick氏

The Home Depot、オンラインクリエイティブ担当ディレクター


ADOBE SUMMITセッション

OTTO、Adobe Customer Journey Analyticsを利用して、データにもとづいて顧客体験を最適化

ドイツの大手デジタルコマース企業OTTOが、どのようにAdobe Customer Journey Analyticsを利用して、独自のユースケースと有意義なインサイトを明らかにし、顧客体験を改善したのかをご紹介します。


Please make sure that the "dexter.base.react.umd" and "dexter.base.consonantcardcollection" clientlibs have been added to the template's Page Policy