Adobe Customer Journey Analytics

 

複雑カスタマージャーニー可視するCustomer Journey Analytics

Adobe Customer Journey Analyticsは、顧客のコンテクストを理解し、的確な意思決定を支援

Adobe Customer Journey Analyticsは、クロスチャネルに対応したデータ分析アプリケーションです。オンラインかオフラインかを問わず、任意のデータソースから顧客行動に関わるデータを集約し、複雑なカスタマージャーニーを可視化します。ひとつのUIでリアルタイムに、包括的な顧客像を把握することができます。かつてないほど包括的なデータにもとづいた科学的なアプローチにより、自社の展開する顧客接点全体にわたる顧客行動を把握し、その背景にあるコンテクストを理解することで、的確に意思決定を下すことができます。
Adobe Customer Journey Analyticsは、データ基盤のAdobe Experience Platromと、デジタル分析のAdobe Analyticsの上に構築されています。

あらゆる顧客データを結合

Adobe Experience Platform利用すれオンラインオフラインあらゆるソースからデータ結合標準高速かつデータ壊すことなくクエリ実行分析モデリングおこなえます

カスタマージャーニー全体を可視化

複数のチャネルをまたいだカスタマージャーニーを、連続性を持たせて可視化し、個々の顧客行動のコンテクストを把握して、フロー分析やフォールアウト分析をおこなえます。

AI(人工知能)を活用したインサイトによる顧客エンゲージメントの強化

マーケティングパフォーマンスの測定を統一し、戦略的なプランニングと市場における戦術的な最適化の両者を可能にします。

顧客データを容易に共有

顧客体験に携わる社内のあらゆる関係者が、顧客の全体像にもとづいてデータ主導型の意思決定をおこなえるようにします。

ダッシュボードアプリで関係者に情報提供

Customer Journey Analyticsダッシュボードアプリ利用すれ経営ビジネスユーザーチャネルまたいリアルタイムインサイトモバイルからアクセスできるようなります。

データサイエンスの活用

専門家でなくても、データサイエンスツールを活用して、より詳細なインサイトを獲得して強力な分析を実行できます。

価値をより早く引き出す

オフラインとオンラインをまたいだインサイトを、数日や数週間ではなく、数分で得ることができます。

Customer Journey Analyticsと既存のビジネスインテリジェンス(BI)ツールの比較

Comparison

ユースケース

Customer Journey Analytics

既存のBIツール

web、アプリ、PoS、コールセンターを通じた注文の比較

製品、注文、収益指標を統合した単一のインターフェイスで、複数チャネルをまたいだ製品購入を追跡できます。

複雑なデータサイエンスが必要ですが、すぐに時代遅れになります。

webサイトの訪問者がカスタマーセンターに連絡する理由の把握

適切な指標を用いて、どのwebページがコールセンターへの連絡を促しているかを把握し、わずか数分で分析できます。

把握するための指標と分析の構築には数週間を要します。

広告への接触からweb訪問、実店舗の訪問に至るまでの顧客を追跡

個々のセグメントやチャネルをまたいだ顧客に対応するフロー分析チャートを作成できます。

対応できません。

経営陣による、ホリデーシーズン中の実店舗とオンラインの訪問状況のリアルタイムでの把握

リアルタイムで更新される、使いやすいセルフサービスデータビューを作成できます。

経営陣は、数日後または数週間後までホリデーシーズンの分析を入手できません。

関連トピックス


カスタマージャーニー分析に関する関連資料

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。