モバイルマーケティング

さまざまなチャネルやデバイスをまたいで得た情報を、モバイル体験に反映します。これにより、俊敏性の高い効果的な体験で、顧客を魅了することができます。


モバイルと他のマーケティングチャネルのギャップを埋める

今では、モバイルを利用することは、当たり前のこととなりました。家族や友人にメッセージを送る、ソーシャルメディアを閲覧する、ゲームを楽しむなど、日常生活で利用するだけではなく、業務をおこなうための主要なデバイスにもなっています。実際、業務に関する電子メールの多くがモバイルでやり取りされるようになり、業務用のチャットアプリの利用も広がっています。マーケターにとっては、顧客がさまざまなチャネルからモバイルへと移動した際に、いかにシームレスな体験を維持できるかが重要な課題となっています。

Adobe Marketo Engageなら、顧客プラットフォーム移動しても、一貫あるやり取り維持することできます。あらゆるチャネルをまたいで能動的に情報を収集し、顧客の要望やニーズをリアルタイムに把握することができるようになります。この情報を位置情報トリガーと組み合わせることで、オーディエンスにとって真に価値のある、パーソナライズされた適切なプッシュ通知やアプリ内メッセージを配信できます。モバイルを利用して、対面の会話のようなコミュニケーションを実現できるのです。

製品ツアーで、Adobe Marketo Engageを実際に体験

次のような機能があります

トリガーによるアクティビティ

  • SDKコンポーネント使用して、Adobe Marketo Engageモバイルアプリ統合できます。
  • 個人のプロファイルや設定したアクションにもとづいて、アプリ内メッセージやプッシュ通知を自動的に配信できます。
  • 主要なアクティビティを検出し、クロスチャネルコミュニケーションを実施できます。

位置情報を利用したインタラクション

  • ビーコンやジオフェンシング技術を利用して、位置情報にもとづいたメッセージをタイミングよく配信できます
  • 顧客の正確な位置情報にもとづいて、リアルタイムに個別にエンゲージすることで、その場でのコンバージョンの可能性を高めることができます。

パーソナライズされたメッセージ

  • アプリ内や他のチャネルでの顧客の行動にもとづいて、プッシュ通知やアプリ内メッセージを配信できます。
  • どのようなメッセージをどのタイミングで、どの程度の頻度で配信するべきかを判断することができるようになります。

モバイルアプリのアクティビティの追跡

  • デバイスや通知、アプリ、マーケティングチャネルなどをまたいで、行動と非行動のエンゲージメントを評価することで、顧客をより包括的に把握することができます。
  • あらゆるアプリのプッシュエンゲージメント、アプリのオープン、アプリのインストールなどの統計情報を一元的に確認できます。
logo-bucks-marketomigration

「Adobe Marketo Engage自動化機能利用することで、ファンをロイヤルティの高い観客に転換するための魅力的なコンテンツの制作に、より多くの時間を割けるようになりました。その結果、わずか2年で、デジタルリードが80%増加し、収益が315%増加しました」

Ben Conrad氏
Milwaukee Bucks、データベースマーケティング担当シニアディレクター


Adobe Marketo Engageのモバイルマーケティングの詳細

どこにいてもシームレスな顧客体験

お客様居所問わず、モバイルアプリエンゲージメント継続対話統合。モバイル以外チャネルデバイスお客様意見聞き、モバイルから返信することで、その他マーケティングチャネルすき間ふさぎます。

ガイド

ガイド

モバイルマーケティング完全ガイド

マーケター顧客コミュニケーションにおいてしばしば重要役割果たすモバイルチャネルを通じて、顧客親近持っもらうため枠組み解説ます。

関連コンテンツ

Adobe Marketo Engageがお客様のビジネスどのように立つのかご案内します。