用語集索引

デジタル用語事典

顧客データプラットフォーム(CDP)

顧客データプラットフォーム(CDP)とは、様々なシステムに分散する情報源をつなぎ合わせて、マーケティングに活用する顧客データを管理する基盤のことです。

ポイント

  • 多くの場合、B2BとB2Cのマーケターは、同じようなマーケティングツールと戦術を利用していますが、B2BマーケタCDPは、個々の顧客に紐づくデータを管理し、複数の異なるチャネルをまたいであらゆるデータをひとつの場所に統合するのに役立ちます。
  • CDPは、主にマーケターが活用します。CDPデータを利用して顧客プロファイルを作成し、個々の顧客や類似の顧客グループに対してどのようにマーケティングをおこなうべきかを把握するのに役立てています。
  • CDPの活用が最も効果的なのは、大規模なパーソナライゼーションを展開したい大規模な組織です。
  • CDPを使用する前に、主な用途と利用する情報源を定め、データガバナンスルールを策定することが重要です。

目次


CDP関する様々疑問に、Matt Skinner回答します。Matt現在、アドビDMPあるAdobe Audience ManagerCDPであるAdobe Real-time CDPシニアプロダクトマネージャー務めています。それ以前5年間は、Adobe Audience Manager製品製品開発マーケティング担当していました。アドビ⼊社する以前は、Levi Strauss需要創出担当シニアマーケティングマネージャー3年間務め、マーケティングコミュニケーション分野15年経験有しています。

CDPとは何ですか

顧客データプラットフォーム(CDP)とは、様々なシステムに分散する情報源をつなぎ合わせて、マーケティングに活用する顧客データを管理する基盤のことです。

例えば、自社優れたマーケティング戦略あるします。ほとんど場合、自社webサイト分析タグ設置し、消費者どのようサイト関わっている示す行動データ収集してます。広告キャンペーン実施している場合は、そのキャンペーン接触したその反応関するデータ収集してます。電子メールシステム使用して顧客ニュースレター特別オファー送信している場合は、そのメール興味示す把握したいはずです。考慮すべきデータ大量ありますが、CDPようツール利用すれば、容易統合できます。

CDPとDMPの違いは何ですか

CDPとDMPはとてもよく似ていますが、大きな違いは、それぞれのツールが扱うデータの種類です。CDPでは、個々の顧客に紐づくデータを管理します。DMPが扱うデータは、個々の顧客に紐づいていませんが、顧客が企業とどのようにやり取りしているかを把握するのに役立ちます。どちらのツールも異なるチャネルのデータを統合し、そのデータからインサイトを獲得できるため、マーケターの作業が容易になります。

DMPについてもう少し説明すると、DMPは仮名化データと呼ばれるデータを扱う必要性から生じたツールです。仮名化データとは、個人情報でユーザーを直接特定することなく、特定ユーザーの企業とのやり取りに関する重要な情報を提供するデータのことです。この種のデータは、webサイトのCookieから取得します。CookieはデバイスIDからデータを収集しますが、そのデバイスの利用者に関する個人情報は特定しません。仮名化データは、企業が新規顧客を獲得するために使用されます。

一方、CDPは、既存顧客の体験を最適化するために使用されます。例えば、自社に顧客関係管理(CRM)システム、ロイヤルティプログラム、電子メールシステムがあるとします。これらのマーケティングツールにはそれぞれ、特定の顧客に対して、メールアドレス、名前、電話番号などにもとづく様々なデータチャネルがあります。CDPを利用すれば、これらのデータを一元管理して、そのデータから取得したインサイトをもとに、継続的に顧客体験をパーソナライズできます。

CDPには、どのような種類があるのでしょうか?

この数年、CDP領域広げる新た手法数多く登場してます。ある企業では、ID管理CDP使用して、顧客ID統一すること重点置いてます。また、別の企業は、マーケティング部門IT部門自社サイトおこなうトラッキング合理化進めるために、タグ管理システムして活用しています。

どちらアプローチすばらしいものです。しかし、CDP名乗るサービスは、実際提供されいる能力その名ふさわしくないもの少なくありません。そのため、アドビは、IDアクティベーションデータ取り込み、データガバナンスなどに、AI(人工知能)マシンラーニング(機械学習)活用できる、パワフルCDP構築目指しました。Adobe Real-time CDP単一システムあり、顧客ついて把握できていない初期段階からコンバージョン至るまで、カスタマージャーニーあらゆるユースケース対応できます。

CDPを使用するための最初のステップは何ですか

企業が最初にする必要があることのひとつは、既に保有している情報源をリストアップし、CDPに取り込むものを決めることです。「自社のマーケティングユースケースに関連するデータを生成しているシステムは何か」と自問してみてください。これらのデータチャネルには、CRMや電子メールソフトウェア、有料メディア、ソーシャルなどがあります。また、それぞれが独自のシステムを使用している可能性もあります。これらのチャネルがCDPへの入力となるため、様々な情報を収集することが重要です。

次に、非常重要なる、自社ユースケースついて検討ます。多く企業は、顧客プロファイル構築開始するために、すぐ最適ベンダー選定作業入ります。そのためは、ユースケース成功イメージ明確し、それに沿って期限定めた現実的目標設定すること重要です。CDP導入大きな成功収めいる企業は、いつまで何を達成しようしているのか、明確ビジョン持っています。

企業によっては、あらゆる情報源に適切なガバナンスルールが一貫して適用されることを望むかもしれません。ある企業は、新規顧客に提供する

オファーから既存顧客層除外したい考えているかもしれません。あるいは、ロイヤルティ会員新しいセグメントを構築して、特別キャンペーン提供したい考える企業あるかもしれません。このよう具体的ユースケース持つことは、進捗状況把握し、投資から得られる価値理解するうえ重要です。

最後の重要なステップは、組織構造とCDPの利用方法を検討することです。そのためには、異なるシステムを管理するメンバーでチームを作り、CDPの優先順位を決定することが最も効果的です。

CDPの使用プロセスはどのようなものですか

例えば、初めてネットショップのwebサイトにアクセスし、閲覧を開始した人がいるとします。このサイトのマーケターが期待していることは、訪問者の好みを理解してパーソナライズされた体験を提供し、それによって訪問者が顧客になり、長期的には常連顧客になるということです。

パーソナライゼーション最初ステップは、訪問者webサイト閲覧する際に、仮名化データ収集することです。このデータは、訪問者エンゲージメント関する情報CookieデバイスID紐付け、CDP保存されます。訪問者様々システムまたいで企業やり取りすることで、さらに多くデータ提供され、これらデータポイントからなるプロファイル構築使用されます。最終的に、訪問者小売店購入したり、ニュースレター登録したりすれば、電子メールアドレス個人識別できるようなります。様々チャネルまたいだ顧客行動企業とのやり取りは、このメールアドレス紐付けられます。顧客プロファイル何らロイヤルティプログラム連携している場合は、実店舗おける取引紐付けることできます。

マーケターは、このプロファイル利用して、類似の行動とる人々オーディエンスセグメント構築することで、この顧客だけでなく、他の顧客にもパーソナライズされたメッセージ配信することできます。こうしたセグメントには、例えば、新規顧客、過去30日間一定額買い物した人、特別オファー受ける資格ある人などグループ考えられます。顧客様々セグメント入ったり出たりしながらパーソナライズされたオファー受け取ることで、顧客ブランド関係さら強まります。

CDPは必ず使用する必要がありますか

複数のチャネルをまたいで大規模に、一貫性のある顧客体験のパーソナライゼーションをおこなおうとする場合、CDPの使用は必須です。もし企業が、自社サイトでパーソナライゼーションを提供せず、有料メディアも利用しないで、メール配信のみをおこなっているとしたら、その企業はビジネスを成長させることも、既存の顧客層に優れた体験を提供することもできないでしょう。そのため、幅広い顧客層を有する大企業は、CDPのようなシステムを優先的に導入しています。特に現在では、ショッピングやエンゲージメントの多くが実店舗ではなくオンラインでおこなわれているため、顧客はパーソナライズされた体験を期待しています。

CDPにはどのような課題がありますか

CDPの最大の課題は、CDPテクノロジーの運用面にあります。CDPを利用する主な目的は、異なるシステムにある大量のデータを統合することです。成果を上げるためには、データを統合するためにチームをまとめる必要があります。しかしこれが、組織内で何らかの負の力を生み出す可能性があります。

例えば、CDPを管理するチームに他のチームが脅威を感じたり、個人的な感情がデータの利用に影響を与えたりするかもしれません。その結果、CDPの管理が不十分になり、データの分断化という、根強い問題が発生し、顧客の包括的なプロファイルをマーケターが構築できなくなる可能性があります。こうした顧客プロファイルがなければ、企業はパーソナライズされた体験を提供できません。これは、運用面から発生する非効率性の連鎖です。

組織ではどの部門がCDPを管理するべきでしょうか

組織の複雑さ、規模、目標によって異なります。しかし、一般的には、マーケティング部門かIT部門がCDPを管理します。新しいシステムを組織に導入することから、IT部門は常に関与する必要があります。IT部門はCDPが提供する価値を理解し、他にどのようなシステムと統合する必要があるのか、またどのように管理するのが適切か検討する必要があります。しかし、CDPを実際に使用するのはマーケターです。

役割分担に関しては、CDPの管理を職務のひとつにしている企業もあれば、リアルタイムCDPの管理を専任でおこなう従業員を置いている企業もあります。ほかにも、CDPに関する作業を主におこなう専任チームを設置する企業もあります。CDPの管理プランは、企業のニーズに応じてそれぞれ異なります。

CDPは今後どのようになっていくのでしょうか

今後1~2年の間に、消費者プライバシーという世界的なテーマから、CDPの重要性はますます高まっていくと予想されます。消費者データを保護し、消費者が自らのデータをさらに制御できるようにするための規制が増え、強化されます。消費者のデータがどのように収集、使用されるかについて、消費者の権利を保証するために、新たなデータガバナンス規則が策定されつつあります。広告用の識別情報やその他のデータを使用する際に、利用者の同意を必要とする措置を講じている企業もあります。

また、現在、web上で多くの広告やパーソナライゼーションに用いられている3rdパーティCookieは、2022年初頭に廃止される可能性があると予想されています。これらの規制は、消費者とプライバシーにとってはプラスに働きますが、仮名化された識別情報を使用する機能を排除するものです。マーケターは、メールアドレスを取得したり、サイト訪問者から同意を得るために、ロイヤルティプログラムなどの方法に頼らざるを得なくなるでしょう。CDPはそのための最適なシステムです。このように、規制が進むにつれて、CDPの重要性はますます高まっていきます。

また、今後のCDPテクノロジーとして、CDPとDMPの機能を融合させて、顧客のライフサイクル全体にわたる一連のユースケースを単一のシステムで実現することも期待されています。


CXM/デジタル変革資料に関するおすすめの資料

CXM/デジタル変革関連資料

デジタルを活用し、CXM(顧客体験管理)を実現するために役立つ、さまざまな資料をご紹介します。

アドビ製品を活用しましょう

Adobe Experience Cloudを利用して、
新たなマーケティングの機会を生み出しましょう。