#f5f5f5

ADOBE JOURNEY OPTIMIZER

Adobe Journey Optimizerと他社のジャーニー管理製品の比較

動画を見るインタラクティブツアーを始める

#2C2C2C

Adobe Journey Optimizerを実際に体験しましょう?

導入のご相談

Adobe Journey Optimizerと他社製品の違い

能力
Adobe Journey Optimizer
他のCDP
リアルタイムのプロファイルとインサイト
Adobe Experience Platformでは、あらゆる情報源からの既知および未知のデータを、高度なプライバシー、ガバナンス、ID制御を利用して、接続できます。データ転送の遅延はなく、システム間の統合は必要ありません。
CDPやデータウェアハウスにデータを統合する必要があります。そのため、バッチ方式やスケジュール型のセグメンテーション更新が必要となり、データ転送にも時間がかかります。プロファイルには、既知および未知のデータが保存されないことや、きめ細かいデータガバナンス管理が欠けていることがあります
プライバシー、ガバナンス、セキュリティ、信頼性
特許取得済みツールでデータガバナンスポリシーを運用できます。オブジェクトおよび属性レベルのアクセス制御、データ使用ポリシーとラベル運用、監査ログ、プライバシーAPI、保管中および転送時の暗号化などにより、コンプライアンスを確保し、HIPAA対応の医療データを含む機密性の高い顧客データを制御できます。
データを事前にクレンジングする必要あるため、エクスペリエンスの遅延が発生し、リアルタイム性が損なわれます。また、プライバシーと顧客からの信頼を複数のアプリケーションで管理するため、ミスが発生しやくすくなります。HIPAAへの対応が不明確であったり、未対応であったりします。
オムニチャネルエクスペリエンスの編成
単一のアプリケーションで、統合されたインターフェイスを利用して、電子メール、アプリ内メッセージ、SMSなどの顧客体験を提供できます。再利用可能なオーディエンス、セグメント、アセット、コンテンツを利用して、それぞれの部門や担当者がエクスペリエンスを構築できるため、作業負荷が軽減し、価値創造までの時間を短縮し、エクスペリエンスの一貫性を容易に維持できます。
配信チャネルが複数の製品またはモジュールに分かれており、多くの場合、インターフェイスが異なり、別々に実装、認証する必要があります。データ、アセット、コンテンツは、それぞれの部門や担当者が複製、移行、統合する必要があり、ワークフローが遅延したり、エクスペリエンスの一貫性が失われたりします。
アドビ製品との連携
Adobe Experience Platform上に構築されたAdobe Journey Optimizerでは、Adobe Real-Time CDPおよびAdobe Customer Journey Analyticsとオブジェクトやサービスを共有しているため、それらのアプリケーションと連携するワークフローをすばやく構築できます。Adobe Target、Adobe Experience Manager、Adobe Stockなど、他のAdobe Experience Cloudアプリケーションとのネイティブ統合および組み込みのワークフローにより、エクスペリエンスの構築と配信を支援します。
アドビ製品との統合が表面的または不十分であるため、管理するコードが増え、データ転送に遅延が発生し、システム間でワークフローが重複する可能性があります。
その他の製品との連携
CRM、クラウドストレージ、データベース、分析、広告、モバイルエンゲージメントなどの主要ベンダーとのデータソース接続と統合機能があらかじめ用意されており、APIを使用して社内外のシステムとのカスタム統合を構築できます。
事前構築済みのコネクタやバッチ機能が限られており、カスタム統合の構築が困難で、取り込むデータソースやパーソナライズの範囲が限定されます。

関連トピックス

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/cards/adobe-journey-optimizer