#f5f5f5

Adobe GenStudio

ジェネレーティブAI(生成型AI)の力でコンテンツサプライチェーンを変革

Adobe GenStudioは、ジェネレーティブAIとインテリジェントな自動化により、コンテンツサプライチェーンをエンドツーエンドで高速化および簡素化します。高速なコンテンツ制作と複雑なコンテンツのアクティベーションを高度に両立させ、あらゆるチャネルに優れたコンテンツを配信できます。

動画を見る

コンテンツサプライチェーンとは?

コンテンツサプライチェーンとは、コンテンツの立案、制作、配信、測定を効率的におこなうために、人材、ツール、ワークストリームをつなぎ合わせたものです。今日、優れた体験を期待する顧客の期待が高まり続けるとともに、チャネルやフォーマットの種類が増えて複雑さが増し、企業は、コンテンツに対する姿勢を見直す必要に迫られています。

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/homepage/desktop-content-supply-chain

複雑なコンテンツ制作プロセスをシームレスに

日々、新たなコンテンツが求めれらています。一方、コンテンツの企画から配信に至るまでのコンテンツライフサイクルは複雑さが増し、多くの時間を要します。Adobe GenStudioを利用すれば、戦略の策定、アイデアの立案、制作、承認、配信、分析など、コンテンツ制作プロセスをエンドツーエンドで、よりシームレスに管理できます。大規模なコンテンツの制作、市場投入の迅速化、パフォーマンスの最適化、ROIの向上を支援します。

ジェネレーティブAIを活用したコンテンツ制作

ジェネレーティブAIのAdobe FireflyAdobe Expressを企業の持つデータと連携させることで、シンプルで使いやすいインターフェイスのもと、新規コンテンツや派生コンテンツを迅速に制作、アクティベートできるようになります。

シームレスな共同作業

Adobe WorkfrontAdobe Experience ManagerAdobe Creative Cloudに単一のエンタープライズポータルからアクセスできる大規模なコンテンツワークフローを構築し、コンテンツの再利用を促進することができます。

コンテンツ配信とインサイトの獲得

あらゆるチャネルを通じてコンテンツをアクティベーションし、Adobe Experience Cloudでコンテンツのパフォーマンスに関するインサイトを即座に得ることができます。

ジェネレーティブAIの活用

Adobe GenStudioは、Adobe Fireflyとネイティブに統合し、アイデア創出からコンテンツ配信までの時間を短縮し、ブランドに即したコンテンツを驚くほど大規模に制作できます。

  • ジェネレーティブAIを活用することで、商用的な利用を想定した安全なコンテンツを制作できます
  • 企業独自のアセットを使用してモデルをカスタマイズし、ブランド独自のコンテンツを制作できます
  • さまざまなプラットフォームからアクセス可能なAdobe Firefly APIにより、ワークフローと自動化を強化できます
  • AIが生成したコンテンツの編集、コラボレーション、アクティベーションに関する重要なサービスへのシームレスな接続を可能にします

Adobe Fireflyについて詳しく見る

企業の敏捷性

マーケティングワークフローを拡張し、新たな関係者に権限を与え、リアルタイムのコンテンツ展開を可能にします。Adobe GenStudioなら、Adobe ExpressとAdobe Experience Cloudの統合により、組織内のより多くの関係者が、あらゆるチャネルをまたいでコンテンツを迅速に制作、配信できます。

  • マーケターは、自社が承認したアセットを作成、編集、バージョンアップして、すぐにパーソナライズできます
  • 各チームの責任と権限を明確にすることで、チャネル、オーディエンス、地域ごとのコンテンツのニーズに対応できるようにします
  • ブランド基準と全体的なガバナンスを維持しながら、コンテンツの制作と配信を迅速化できます

Adobe Expressについて詳しく見る

効率性の向上とコストの最適化

コンテンツの生産性とコスト削減は、密接に関連しています。Adobe GenStudioは、コンテンツの制作からアクティベーションに至るまでのプロセス全体のコスト構造を改善し、収益に影響を及ぼすことなく、必要な量とバリエーションのコンテンツを制作できます。

  • コンテンツ施策を計画、管理、追跡し、リソースと予算を最適化できます
  • ブリーフィングからアイデアの立案、レビュー、承認、配信に至るまで、チーム全体の生産効率を向上できます
  • チャネル全体のコンテンツパフォーマンスに関する詳細なインサイトを獲得できます

世界的なブランドがコンテンツ制作を変革

https://business.adobe.com/customer-success-stories/tmobile-workfront-case-study.html#_dnt | T Mobile

T-Mobile

マーケティングプロセスに関する会議が92%減少

詳しく見る

https://business.adobe.com/customer-success-stories/xfinity-creative-customer-story.html#_dnt | xfinity

Xfinity

代理店手数料のコストを、目標額の3倍削減

詳しく見る

https://business.adobe.com/customer-success-stories/orvis-case-study.html#_dnt | Orvis

Orvis

プロジェクト計画の策定時間を75%短縮

詳しく見る

https://business.adobe.com/customer-success-stories/under-armour-case-study.html | Under Armour

Under Armour

アセット検索にかかる時間を5日から10分に短縮

詳しく見る

https://business.adobe.com/customer-success-stories/prudential-case-study.html#_dnt | Prudential

「クリエイティブ部門が使用しているツールとマーケティングシステムを連携させることで、業務の効率化とコンテンツベロシティを促進しています」

Anna Hudes氏(Prudential Financial、最高製品責任者)

関連トピックス

Content as a Service - aem-sites - Tuesday, October 10, 2023 at 17:58

Form as a Service - Offer Form for a.com - Global (79) - Thursday, February 1, 2024 at 10:04