Real-time Customer Data Platform(リアルタイムCDP)

 

既知顧客データと匿名顧客データをひとつに統合

Real-time Customer Data Platformが実現すること

包括的な顧客プロファイルを構築、常に最新状態を維持し、さまざまな顧客体験最適化に活用することのできる、Adobe Experience Platformのアプリケーションサービスのひとつです。既知の顧客データと匿名データをリアルタイムで結合し、あらゆるチャネルで利用できる包括的かつ最新の顧客プロファイルを構築して、真のパーソナライゼーションを実現できます。

ステップ1:データの結合
データの取り込み、標準化、統合を担うAdobe Experience Platformの統合プロファイル機能を通じて、あらゆるシステムに分断していたマーケティングデータをつなぎ、パーソナライゼーションやエンゲージメントに活用し、顧客との長期的な関係構築に役立つインサイトを導き出します。

ステップ2:価値の高いセグメントの構築
マーケター向けに構築されたインテリジェントなワークフローを使用して、統合された顧客情報を活用し、オーディエンスのユースケースにもとづいてセグメントを作成します。

ステップ3:リアルタイムでプロファイルを活用
それらのセグメントを使用してすばやくテストをおこない、顧客プロファイルのリアルタイム更新にもとづいて、あらゆるチャネルの顧客に向けてパーソナライズされたエクスペリエンスを配信します。

アドビのリアルタイムCDPと他のCDPの比較

Comparison

比較ポイント

アドビのリアルタイムCDP

他のCDP

プロファイルの完全性

Real-time Customer Profileにより、プライバシーとIDを厳密に管理しながら、あらゆるソースからの既知のデータと未知のデータを使用する動的なプロファイル

既知のデータと未知のデータをプロファイルにまとめて保存できず、データガバナンスを細かく管理できないので、既存の顧客像を強化するのに留まる。

データの最新性

アドビが提供するコネクタでリアルタイムにデータをストリーミングできるので、プロファイルは常に最新

データ収集がリアルタイムではなく、データのバッチ収集やパートナーとのリアルタイム統合が必要になるので、現状に合ったエクスペリエンスを提供できない。

顧客データの活用しやすさ

あらかじめ用意されたAPIにより、リアルタイムのデータを活用してパーソナライズしたエクスペリエンスを提供可能

よく使うテクノロジーとのAPI統合の管理が不十分であり、更新が遅かったり、仕様変更に伴い使用できなくなったりして、データ活用が進まない。

複雑なビジネスへの対応力

大規模かつ複雑なカスタマージャーニーに対応しており、数兆個規模の顧客データポイント、プロファイル、セグメントを管理可能

ペイドメディアの活用やブランドロイヤルティなどのユースケースが乏しい場合や、大企業を支援した実績がないことがあり、十分なサポートを望めない。

IT部門の負担

既存テクノロジーとシームレスに統合されており、人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)を活用してマーケターを支援し、IT部門の負担を軽減

重要な統合をおこなうためにリソースを割く必要があり、マーケターはITチームに絶えず要望を出し続けなければなりません。

アドビのリアルタイムCDPと他のCDPの比較

他社ソリューションの場合
既存データと新規データをプロファイルにまとめて格納できず、データガバナンスを細かく管理できないので、顧客把握力が現状から強化されるだけです。

Real-Time CDPの場合
Real-time Customer Profileにより、プライバシーとIDを厳密に管理しながら、ソースを問わず既存データと新規データの両方をプロファイルへ動的に収集できます。

他社ソリューションの場合
データ収集がリアルタイムではなく、データのバッチ収集やパートナーとのリアルタイム統合が必要になるので、現状に合ったエクスペリエンスを提供できません。

Real-Time CDPの場合
アドビ提供のコネクタでリアルタイムにデータをストリーミングできるので、プロファイルの顧客像は常に最新に保たれます。

他社ソリューションの場合
よく使うテクノロジーとのAPI統合のメンテナンスが不十分であり、更新が遅かったり、仕様変更に伴い使用できなくなったりすることもあります。そのため、収集したデータの活用を進められません。

Real-Time CDPの場合
あらかじめ用意されたAPIにより、リアルタイムのデータを活用してパーソナライズしたエクスペリエンスを提供できます。

他社ソリューションの場合
有料メディアの活用やブランドロイヤルティなどのユースケースが乏しい場合や、企業顧客を相手にした実績がないことがあり、十分なサポートを望めません。

Real-Time CDPの場合
大規模かつ複雑なカスタマージャーニーに対応しており、数兆個規模の顧客データポイント、プロファイル、セグメントを管理できます。

他社ソリューションの場合
重要な統合をおこなうためにリソースを割く必要があり、常にマーケターがIT部門に作業を依頼する可能性がある。

Real-Time CDPの場合
既存テクノロジーとシームレスに統合されており、AIや機械学習も活用できるので、マーケターの支援とIT部門の解放を両立できます。

リアルタイムCDPの到来

これまで市場に見られたCDPには、重要な制約がありました。適切な顧客体験の提供を実現する、優れたCDPの見分け方を解説します。

関連トピックス

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。