用語集索引

A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z


用語集索引

A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z


用語集索引

A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z

用語集:用語

クッキーレス

クイック定義

クッキーレスとは、企業が3rdパーティCookieに依存しないマーケティング手法を採用することです。Cookieは、サイト訪問者の利用するブラウザーごとに、サイトに関する何らかの情報を記録したものです。消費者のプライバシー保護を目的としたwebブラウザーのポリシー変更により、3rdパーティCookieのサポートが廃止されることが決定しています。
【英:Cookieless】

重要ポイント

 
  • Cookieとは、Google Chrome、Safari、Firefoxなどのwebブラウザー使用されるデータトラッカーことです。Cookie利用することで、企業マーケティング用いる、利用者関する情報収集できます。
  • Cookieの概念が完全になくなるわけではありません。1stパーティCookieは、自社のwebサイトで引き続き利用できますが、3rdパーティCookieは、主要なwebブラウザーでサポートされなくなります。
  • 3rdパーティCookieを利用できなくなることで、マーケティングは、利用者の同意にもとづいて収集された1stパーティデータを中心とするように、方向転換する必要があります。

クッキーレスに関する様々な疑問に、Asa Whillock回答します。Asaは、Adobe Digital Experience製品運用および戦略担当の責任者で、ソフトウェアのライフサイクルとコミュニケーションを担当しています。アドビに入社して約15年、技術分野の専門家として、またエンジニアとして、その才能を発揮しています。

質問:クッキーレスとはどういう意味ですか

回答:クッキーレスとは、マーケターが3rdパーティCookieに依存することのないマーケティング手法を採用することを意味しています。Cookieは、消費者の個人識別情報を含むデータの断片です。

クッキーレスの世界の考え方を理解するには、この大きなエコシステムの変化に関わる3つの異なる層の人々を考察するのが最適です。

ベースとなる層は消費者です。消費者は、積極的なマーケティングや的外れなターゲティングなど、節度をわきまえないデジタルマーケティング活動に常々悩まされてきました。しかし、これまで消費者には対抗する手段がありませんでした。企業はそのような消費者の不満を理解するようになり、顧客体験を構築する際に考慮するようになっています。さらに、法律が成立したことで、企業がデータを自由に使用するのではなく、消費者自身が使用方法について理解し、制御できるようになりました。

第2の層は、アップルやグーグルのようなwebブラウザーを運営するテクノロジー企業で、あらゆるデジタルマーケティング活動を支えるテクノロジー基盤に影響を与える3rdパーティCookieの制限を実施しています。

エコシステムの最後の層は、これらのテクノロジーの変化に対応するマーケターです。マーケターにとって、クッキーレスの世界に備えることは、未知のユーザーを既知の顧客に変えるマーケティング活動のために新たなアプローチを模索することです。それによって、マーケティング部門は、既知の顧客プロファイルに結びつく永続的な識別情報にもとづいてパーソナライズをおこなえるようになります。

質問:実際にCookieは完全になくなるのでしょうか

回答:Cookie完全なくなるわけありません。消費は、必ずしもCookieなくなること望んませが、プライバシーに関する懸念尊重れること望んおり、いくつ重要変更行われる予定です。3rdパーティCookie最も大きな変化あり、パーソナライゼーション新規顧客獲得影響あります。

質問:クッキーレス時代はマーケターにどのような影響を与えるのでしょうか

回答:マーケター様々責任課せられますマーケター認知からエンゲージメントコンバージョン長期関係構築至るまでセールスファネル様々段階またい顧客育成する責任有します今回Cookie変更最も影響受ける企業やり取りにおいて利用連絡情報提供ない初期段階です今日マーケター自社サイト閲覧未知利用識別デジタル広告提示訪問促すため3rdパーティCookie利用ます。

マーケターは、これまでもテクノロジーの変化に適応してきました。しかし、今回の変化は、利用者が見込み客から顧客に転じる前の段階に影響を与えるため、より破壊的であると言えます。

このことをよく理解するため大手ホームセンターデジタル広告使用DIY用品マーケティング開始しよいる考えくださいまずはマーケティング対象定めるため外部ベンダーからデータ購入DIY関連コンテンツ関心持つ消費自社商品最も興味示す消費特定するないでしょこのデータ多く場合3rdパーティCookie利用作成おりこの情報利用して消費者のセグメント構築できますそしてこのセグメントもとづいDIYコンテンツ関心持つ消費に対して自社サイト訪問ときパーソナライズオファー提供できるようなるです。

現状では、Google Chromeブラウザー閲覧している利用者サイト離れた場合、予算を追加してマーケティングテクノロジーを利用し、3rdパーティCookieにもとづいてリターゲティングすることが可能です。つまり、ソーシャルメディアやwebサイトで利用者を追跡し、自社サイトを再訪問するよう促すことができます。このアプローチは、一部の消費者が不満を感じているものであり、今後、見込み客や未知のサイト訪問者に対して実行するのは困難になるでしょう。

3rdパーティCookieなければ、企業webサイトアクセス利用が、購入連絡情報提供(ニュースレター購読など)おこなわサイト離れ場合、その見込み11リターゲティングターゲットすることできません。これ3rdパーティCookie使用設計データドリブンセグメント中心に、パーソナライゼーションと最適に関する多く戦略構築マーケターにとって憂慮べきことです。こうしたCookieなければ、マーケター潜在顧客に対して類似セグメント作成できません。

質問:マーケターはどのようにしてクッキーレスの世界に備えることができますか

回答:マーケター最大関心事どうすれ利用追跡する能力再び入れることできるということです多くマーケター3rdパーティCookie代わるもの期待ますこれまでより短期間少ない情報セットもとづい未知見込み合わせ効果高いコンテンツ配信する方法焦点当てる必要ありますこれ実現すること極めて重要ありアドビは、3rdパーティCookie依存ないリアルタイムマシンラーニング(機械学習)とパーソナライゼーション能力構築するために、多くこと取り組んました。

マーケターは、3rdパーティCookie依存軽減する1stパーティデータ戦略構築する必要あります。マーケティング部門は、電子メールアドレス携帯電話番号など永続ある識別情報含む、包括的な顧客プロファイル構築する能力必要ますこれら情報顧客同意収集ブラウザー制限受けることありません。

質問:3rdパーティCookie以外に、企業はどのような種類のデータを利用できますか

回答:アドビでは、企業1stパーティデータゼロパーティデータ活用優先せるようなる考えます。ゼロパーティデータとは、顧客体験を最適するために、消費同意収集1stパーティデータことです。例えば動画配信サイトは、動画視聴するに、コメディ、料理、ファッションなど、視聴関心尋ねるチェックリスト表示ます。自分興味持っいるものチェックするよう促さ視聴は、提供ゼロパーティデータもとづいサイトコンテンツ表示始めること十分承知ます。

1stパーティデータの場合は、もう少し推測する必要があります。先ほどの動画サイトの例で言えば、チェックボックスを表示する代わりに、1stパーティCookieを利用してユーザーが視聴しているコンテンツの種類を追跡し、その情報を使用して、ユーザーの好みが明示されなくても、類似のコンテンツを表示することができます。

ブランドは、1stパーティデータの適用方法について、適度なバランスを取る必要があります。適用が早急すぎると、顧客を不快にさせる可能性があります。例えば、初めて訪れたコーヒーショップで、バリスタが自分の名前とお気に入りのコーヒーを既に知っていたとしましょう。このような場合は警戒心が先立ち、店から立ち去って、二度と行こうとは思わないでしょう。しかし、繰り返し通っている顧客であれば、バリスタが自分の「いつもの」注文を知っていても不快にはならないはずです。むしろ、そのコーヒーショップとの間に信頼関係が生まれるでしょう。

1stパーティデータが目指すことは、マーケティングや広告を推進する役割を果たすことです。しかし、その前に、消費者を快適にする方法を学ぶ必要があるのです。

質問:クッキーレスは消費者にどのような影響を与えますか

回答:最大かつ最も明白なメリットは、消費者データのプライバシー向上です。これが、各種webブラウザーで発表された変更の主な理由です。マーケターは、抜け穴を見つけるような真似はするべきではありません。消費者が避けようとしているものに別の名前を付け、新たに組み合わせるようなことをするべきではありません。3rdパーティCookieに直接代わる規格はないでしょう。

また、消費者は、自分がやり取りしている企業からの積極的なマーケティングが減るか、少なくとも目立たなくなることを期待できます。マーケターは、利用者にとって適切な方法でタイミングを見計らって、電子メールアドレスやゼロパーティデータの提供を求める必要があります。これも消費者にとってメリットになります。

全体として、顧客と企業の関係は、3rdパーティから1stパーティへと変化していきます。こうした変化は既に当たり前のことになっていますが、大手企業の中にも、顧客との直接的な関係を満足に築けていないところがまだまだあります。1stパーティデータは、あらゆる規模の企業が顧客とよりよい関係を築き、優れた顧客体験を提供するのに役立ちます。


CXM/デジタル変革資料に関するおすすめの資料

CXM/デジタル変革関連資料

デジタルを活用し、CXM(顧客体験管理)を実現するために役立つ、さまざまな資料をご紹介します。