ADOBE CUSTOMER JOURNEY ANALYTICS

顧客データを最大限に活用し、カスタマージャーニーを詳細に把握

Adobe Customer Journey Analyticsを使用すれば、オンラインとオフラインの両方のデータをリアルタイムで分析して、プライバシーに配慮したプロファイル構築し、組織全体で活用できます。これにより、カスタマージャーニーを包括的に把握するために必要なインサイトを誰もが手に入れることができます。

Adobe Customer Journey Analyticsを実際に体験しましょう

オンラインとオフラインのあらゆるチャネルのデータを結合

Adobe Customer Journey Analyticsを使用すれば、オンラインから実店舗、コールセンターへと移動する顧客をリアルタイムで追跡して、ストリーミングデータを収集し、単一の顧客プロファイルと包括的なカスタマージャーニーに統合できます。包括的に関連付けられたデータにより、SQLを記述することなく、任意のデータ要素を分析し、インサイトを得ることができます。

関連付けられたデータを深く掘り下げる

カスタマージャーニー全体を可視化

ドラッグ&ドロップのシンプルなインターファイスで利用できるフロー分析により、カスタマージャーニーを数秒でマッピングし、数カ月ではなく数分でインサイトを得ることができるため、顧客がwebサイト、アプリ、対面の体験をどのように移動しているのかを把握できます。また、ルールベースのモデリングとアルゴリズムによるアトリビューションモデルを使用して、顧客の行動を分析し、最も価値のある顧客接点を特定できます。さらに、コホート分析で、共通の特性を持つ顧客を比較して傾向を把握することもできます。

エンドツーエンドの可視化を深く掘り下げる

AIを活用して、より優れた顧客対応を

マーケター、アナリスト、クリエイターの業務に、AI(人工知能)を活用しましょう。Adobe Customer Journey Analyticsなら、AIを利用して、セグメンテーションとアトリビューションを改善し、顧客インタラクション間の影響を特定して、異常値検出能力を向上できます。これにより、ビジネスに影響を与える可能性のあるイベントに迅速に対応できるようになります。また、指標を計測し、アクションプランを評価することで、ビジネスの成長と効率化を促進できます。

AIを活用したインサイトを深く掘り下げる

組織全体でインサイトを活用

あらゆる関係者が、顧客とのやり取りの全体像にもとづいて、対応できるようにしましょう。直観的かつ共同作業を促進するユーザーインターフェイスを利用して、レポートの作成、共有、スケジュール化を容易におこなうことができます。経営陣は、分析ダッシュボードを利用して、モバイルからリアルタイムで状況を把握できます。また、ロールベースのアクセス管理など、Adobe Experience Platformが提供する特許取得済みのデータガバナンスツールは、顧客のプライバシーとポリシーを保護しながら、優れた体験を構築するのに役立ちます。

データにもとづく意思決定を深く掘り下げる

最も価値のある顧客を発見

Adobe Customer Journey Analyticsのリアルタイムのインサイトを活用すれば、価値の高い新規顧客をすばやく発見できます。特定のイベントや施策から顧客オーディエンスを作成することや、アクション、ジャーニー、イベントなどのフィルターにもとづいて新しい顧客セグメントを作成することができます。それらのセグメントには、日付やルックバックウィンドウを柔軟に設定することができます。また、作成したオーディエンスは、Adobe Journey OptimizerやAdobe Real-Time CDPですぐに活用することができます。

オーディエンスの活用を深く掘り下げる

Forrester

アドビは、顧客分析分野のリーダー

Forresterの調査レポート「The Forrester Wave:顧客分析テクノロジー(2022年第2四半期)」において、アドビは、堅牢なデータ可視化ツール、使いやすいインターフェイス、シームレスな統合を評価され、「リーダー」に選出されました。