ADOBE JOURNEY OPTIMIZER

リアルタイムでエンゲージメントを再構築し、ジャーニー管理を簡素化

顧客を詳細に把握することで、きめ細かなパーソナライゼーションを実現できます。Adobe Journey Optimizerなら、リアルタイムの意思決定とインテリジェントなインサイトを利用して、一対一の瞬間から数百万人の顧客を対象とした大規模な施策まで、単一のアプリケーションで編成、管理できます。

Adobe Journey Optimizerが、お客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

リアルタイムのプロファイルとインサイト.

顧客のニーズに積極的に対応できる包括的なカスタマージャーニーを想像してみてください。Adobe Experience Platformを利用して構築された統合顧客プロファイルは、Adobe Experience Cloudだけでなく、あらゆる顧客接点から収集したデータを利用して、リアルタイムで更新できます。また、顧客の特定のアクションやイベントを積極的に監視するツールを利用することで、パーソナライズされた適切な体験を創出できます。

オムニチャネルオーケストレーション

単一のインターフェイスから、パーソナライズされたジャーニーの設計、編成、最適化をおこなえます。直観的なドラッグ&ドロップ操作により、オーディエンスのセグメンテーションからパーソナライズされたオムニチャネルのメッセージ配信まで、顧客体験のあらゆる側面を容易に管理できます。こうしたさまざまな機能を、単一のアプリケーションで提供します。

パーソナライズされたオファーの決定

AI(人工知能)を利用して、個人レベルの適切なオファーをタイミングよく提供できます。リアルタイムの顧客プロファイルやインテリジェントな意思決定ツールなどにより、あらゆるオファーをカスタマージャーニーに即してパーソナライズし、エンゲージメントとロイヤルティを向上させることができます。

カスタマーライフサイクルエンゲージメント

顧客の注目を集めるべきときに、顧客にリーチできます。スケジュール型のマーケティング施策と、リアルタイムの顧客主導のエクスペリエンスを一体化させることが可能です。顧客一人ひとりに向けたパーソナライズされたメッセージでも、顧客層全体に向けた通知であろうと、重要なタイミングを逃すことなく提供できます。

Gartnerのマジッククアドラント(2022年)

Gartnerは、あらゆるチャネルで顧客の期待に応えるためのテクノロジーを「マルチチャネル マーケティングハブ」と呼び、その市場を調査したレポートにおいて、アドビをリーダーに選出しました。その理由をご確認ください。

アドビは、「Gartner®:マルチチャネルマーケティングハブ分野のマジッククアドラント2022年版」レポートで「リーダー」に再度選出されました。Adobe Journey OptimizerやAdobe Experience Platformなどのソリューションがどのようにビジネスに貢献するかをご確認ください。

Please make sure that the "dexter.base.react.umd" and "dexter.base.consonantcardcollection" clientlibs have been added to the template's Page Policy