Adobe Real-Time Customer Data Platform(リアルタイムCDP)

アドビのCDPで、データを最大限に活用し、顧客の信頼を高める

Adobe Real-Time CDPなら、個人データ企業データ組み合わせて、リアルタイム個人および企業プロファイル構築し、カスタマージャーニー全体を通して一貫あるエクスペリエンス提供できます。また、業界屈指高度データ管理ツールプライバシーツール利用すれば、データ責任あるで、チャネルまたい自信持っ活用できるようなります。

包括的なプロファイル

統合された実用的なプロファイルから始める

B2CやB2Bのマーケターにとって、顧客を包括的に理解し、有用なインサイトを見出すためには、通常、手作業によるワークフロー、高度なスキル、IT部門のサポートが必要となります。Adobe Real-Time CDPなら、アドビアドビ以外のさまざま情報源からデータ収集し、未知データ個人特定できる情報(PII)組み合わせて、個人および企業統合プロファイル構築し、リアルタイム更新できます。

包括的なプロファイル

あらゆる顧客接点をまたいで顧客とつながる

マーケター複数ステップ構成れる複雑カスタマージャーニーを、顧客効率進むよう誘導する役目担っます。課題B2CB2B両方において適切かつシームレス競争あり顧客ペーススピードエクスペリエンス構築することです。Adobe Real-Time CDPなら実用リアルタイムプロファイルと、マーケティングチャネル広告チャネル緊密連携構築するコネクター利用できます。これにより既存顧客関係深め新た見込み惹きつけるために、パーナライズ魅力エクスペリエンスタイミングよく提供すること可能なります。

包括的なプロファイル

強力なデータガバナンスで信頼を構築

個人を特定できる情報の収集と利用は、B2CおよびB2Bにおいて真にパーソナライズされた顧客体験を実現するために必要です。しかし、そのためには、顧客のプライバシーを確保し、データへのアクセスと使用方法の管理をおこない、社内のシステムやキャンペーンから得た情報にもとづいて変化を続ける顧客のニーズに対応する必要があります。Adobe Real-Time CDPは、パーソナライズされたマーケティングに特化して構築されているため、企業レベルのデータガバナンスツール備わっています。これにより、顧客データを責任ある方法で管理することが可能になり、地域や組織のデータポリシーに準拠して自信を持って活用し、顧客に対してデータの透明性を示すことでブランドの信頼性を高めることができます。

B2BとB2C

B2CとB2Bの両方の事業部で単一のCDPを活用

それぞれの事業部で複雑なテクノロジースタックを利用していては、事業部をまたいでデータを統合することは困難です。特に、買収により事業部が増えた際や、消費者と企業の両方にビジネスを展開している企業の場合は、手の施しようがないように感じるかもしれません。Adobe Real-Time CDPは、複数事業部またいで、消費者データ企業バイヤーデータ組み合わせて、統合ハイブリッドプロファイル構築することを念頭に設計されています。これにより、B2CとB2Bのマーケティング部門が同じCDPを使用して、より緊密に連携し、従来は不可能だったクロスセルやアップセルの売上機会を特定できるようになります。

会社ロゴ

IDCは、アドビをCDP分野の「リーダー」と評価

CDPやデータ基盤に関する関連資料

Adobe Real-Time Customer Data Platformお客様ビジネスどのように役立つのかをご案内します。