Real-time Customer Data Platform(リアルタイムCDP)

アドビのCDPで、データを最大限に活用し、顧客の信頼を高める

アドビのReal-time Customer Data Platformなら、個人データや企業データを組み合わせて、リアルタイムで個人および企業のプロファイルを構築し、カスタマージャーニー全体を通して一貫性のあるエクスペリエンスを提供できます。また、業界屈指の高度なデータ管理ツールとプライバシーツールを利用すれば、データを責任ある形で、チャネルをまたいで自信を持って活用できるようになります。

包括的なプロファイル

統合された包括的なプロファイルから始める

 

B2CやB2Bのマーケターにとって、顧客を包括的に理解し、有用なインサイトを見出すためには、通常、手作業によるワークフロー、高度なスキル、IT部門のサポートが必要となります。Real-time Customer Data Platformなら、アドビやアドビ以外の様々な情報源からデータを収集し、未知のデータと個人を特定できる情報(PII)を組み合わせて、個人および企業の統合プロファイルを構築し、リアルタイムで更新できます。クロスチャネルでのID解決と動的IDグラフは、さらなるスケールと精度をもたらし、より柔軟なオーディエンスセグメンテーションと正確なパーソナライゼーションを可能にします。

包括的なプロファイル

あらゆる顧客接点をまたいで顧客とつながる

 

マーケターは、複数のステップで構成される複雑なカスタマージャーニーを、顧客が効率的に進むように誘導する役目を担っています。課題は、B2CとB2Bの両方において、適切かつシームレスで、競争力があり、顧客のペースやスピード感でエクスペリエンスを構築することです。Real-time Customer Data Platformなら、実用的なリアルタイムのプロファイルと、マーケティングチャネルや広告チャネルとの緊密な連携を構築するコネクターを利用できます。これにより、既存顧客との関係を深め、新たな見込み客を惹きつけるために、パーソナライズされた魅力的なエクスペリエンスをタイミングよく提供することが可能になります。

包括的なプロファイル

強力なデータガバナンスで信頼を構築

 

個人を特定できる情報の収集と利用は、B2CおよびB2Bにおいて真にパーソナライズされた顧客体験を実現するために必要です。しかし、そのためには、顧客のプライバシーを確保し、データへのアクセスと使用方法の管理をおこない、社内のシステムやキャンペーンから得た情報にもとづいて変化を続ける顧客のニーズに対応する必要があります。Real-time Customer Data Platformは、パーソナライズされたマーケティングに特化して構築されているため、企業レベルのデータガバナンスツールが備わっています。これにより、顧客データを責任ある方法で管理することが可能になり、地域や組織のデータポリシーに準拠して自信を持って活用し、顧客に対してデータの透明性を示すことでブランドの信頼性を高めることができます。

Real-time Customer Data Platformは、Adweekの「読者が選ぶ最優秀Customer Data Platform賞」を受賞

マーケティングにおける3つの大きな課題を、リアルタイムCDPがどのように解決したのかをご確認ください。

さらに詳しく(英語)

関連トピックス

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご説明します。