Real-time Customer Data Platform(リアルタイムCDP)

アドビのCDPで、データを最大限に活用し、顧客の信頼を高める

アドビのReal-time Customer Data Platformなら、既知の顧客データと未知の顧客データを組み合わせたリアルタイムの顧客プロファイルや、外部の様々なマーケティングチャネルと接続するための統合ツールを利用して、カスタマージャーニー全体を通して常に顧客とつながることができます。また、業界屈指の高度なデータ管理ツールとプライバシーツールを利用すれば、データを責任ある形で使用できるようになります。

包括的なプロファイル

統合された包括的なプロファイルを活用

 

通常、マーケターが顧客を包括的に把握し、実用的なインサイトを導きだすためには、複雑な作業とIT部門の支援が必要となります。しかし、Real-time Customer Data Platformを利用すれば、様々な情報源をまたいでデータを収集し、未知の顧客データと個人情報(PII)を組み合わせて、単一の統合された顧客プロファイルを構築することが可能です。また、チャネルをまたいだIDの解決や動的なIDグラフの作成など、マーケティングに特化したデータサイエンスツールを利用して、オーディエンスのユースケースにもとづいた柔軟なセグメント化をより正確かつ大規模におこなえるようになります。

包括的なプロファイル

あらゆる顧客接点をまたいで顧客とつながる

 

今日のマーケターは、複数の段階で構成される複雑なカスタマージャーニーを、顧客が効率的に進むように誘導する役目を担っています。そのためには、適切で連続性を維持した、チャネルをまたいでシームレスな顧客体験を構築することが課題となります。Real-time Customer Data Platformなら、実用的なリアルタイムのプロファイルと、マーケティングチャネルや広告チャネルとの緊密な連携を構築するコネクターを利用できます。これにより、既存顧客との関係を深め、新たな見込み客にリーチするためのパーソナライズされた顧客体験をタイミングよく提供することが可能になります。

包括的なプロファイル

強力なデータガバナンスで信頼を構築

 

顧客体験の優れたパーソナライゼーションは、個人情報(PII)の収集と活用が鍵を握ります。しかし、そのためには、顧客のプライバシーを確保し、データへのアクセスと使用方法の管理をおこない、社内のシステムやキャンペーンから得た情報にもとづいて変化を続ける顧客の嗜好に対応する必要があります。そのため、Real-time Customer Data Platformでは、ブランドの信頼を高めるのに役立つ、大規模なデータガバナンスツールを提供しています。これを利用することで、顧客データを責任ある形で管理することが容易になり、地域や組織のデータポリシーを遵守し、コンプライアンスに準拠して、顧客データの透明性を高めることができます。

Real-time Customer Data Platformは、Adweekの「読者が選ぶ最優秀Customer Data Platform賞」を受賞

マーケティングにおける3つの大きな課題を、リアルタイムCDPがどのように解決したのかをご確認ください。

関連トピックス

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご説明します。