リアルタイムCDPの機能

アドビのReal-time Customer Data Platformは、B2CおよびB2Bのマーケターが実用的な統合顧客プロファイルとツールを利用して、コンテクストに即した適切なエクスペリエンスをリアルタイムかつ大規模に提供できるようにするために構築されました。その機能をご紹介します。

リアルタイムCDPの注目機能

顧客プロファイルの管理をマーケティング部門に

マーケティング部門は、リアルタイムの個人または企業のプロファイルを構築し、詳細なインサイトを獲得するためのツールを利用できます。これにより、IT部門に頼ることなく、チャネルをまたいで一貫性のある顧客体験を創出できるようになります

マーケティングチームによるプロファイル管理

個人データ、企業データ、または両方のデータを同時に収集し、統合することで、個人と企業の包括的なプロファイルを構築することができます。

既知、未知、外部、内部のデータをアクティビティの発生時に統合することで、B2CおよびB2Bエクスペリエンスのリアルタイムのパーソナライゼーションとインサイトの発見が可能になります。

データクレンジング、ID解決、人物とアカウントの照合機能により、複数の人物レコードとアカウントレコードが統一されたプロファイルに帰着します。

属性や行動を可視化することで、個人プロファイルレベル、アカウントレベル、セグメントレベルで顧客のIDを包括的に把握することができます。

すぐに利用できるダッシュボード、高度なドラッグ&ドロップ式のセグメンテーション、マーケティングに特化したワークフローにより最適化されたユーザーインターフェースにより、マーケターは、ITのサポートなしに効率的にデータを管理および処理することができます。

複数のチャネルやシステムからデータを取得し、最新の顧客プロファイルの構築やインサイトの獲得、パーソナライゼーションの高速化に活用できます。

あらゆるソースからの個人データや企業データを、柔軟性の高い共通言語に翻訳し、チームやシステムをまたいでアクセスできるようにします。

複数のベンダーからの異なるタグを簡単に管理でき、またベンダーデータをサーバーサイドや目的の送信先に簡単に送信できます。

JSライブラリとエッジネットワークをそれぞれひとつだけにすることで実装が単純化され、管理するライブラリの数、実装時間、所有コストを削減できます。

事前定義済みのB2CおよびB2Bコネクターを使用して、アドビやアドビ以外のパートナーやアプリケーションの拡張ネットワークと統合し、キャンペーンのセットアップと市場投入までの時間を短縮できます。

あらゆる情報源のデータを活用

堅牢なストリーミング基盤を利用することで、分散している個人や企業のデータとシステムを統合して、チームの連携を促進できます。これにより、情報源やチャネル、デバイスを問わず、データの収集、管理、アクティベーションを簡素化できます。

データの活用

信頼できる特許取得済みデータガバナンスツールの活用

データへのアクセスと使用に関するマーケティング部門の責任を明確にするためのツールを利用できます。これにより、組織や業界、行政のコンプライアンスを確実に遵守できるようになります。

データガバナンス

データへのアクセスと使用を管理するために、すぐに使えるカスタマイズ可能なデータタグを利用して、公開データと非公開データを分類してラベル付けできます。

データラベルごとにユースケースポリシーを設定し、適切および不適切なアクセスやアクセス先を指定します。

データのマッピング先がポリシーに違反している場合に発生する自動通知により、データポリシーが適用されるようにします。

データガバナンスツールは、個人データと企業データの既知の識別子にも不明な識別子にも適用されるため、オプトアウトした顧客はすべてのマーケティング戦略から除外されます。

特定のデータの使用状況やアラートの履歴を表示することで、接続されたツールでデータを有効にする前に、どのソースからデータが取り込まれているかを簡単に確認することができます。

事前構築済みのB2C向けおよびB2B向けの統合により、広告およびマーケティングのエコシステムと直接つながり、リアルタイムかつ大規模なアクティベーションを実施できます。

人物およびアカウントのプロファイルをストリーミングデータで更新すると、きめ細やかなパーソナライゼーションをあらゆるチャネルと環境で実現できます。

コンバージョンイベント、フォーム入力、オプトアウトなどの顧客やターゲットアカウントの活動(または非活動)に基づき、人物やアカウントのリアルタイムプロファイルを使用して、自動応答やキャンペーンの関連付けを行うことができます。

接続されていない別々のツールを使って手作業でデータをつなぎ合わせるのではなく、単一の一元管理されたインターフェイスで包括的なプロファイルを使用することで、時間を節約し、より良いエクスペリエンスを迅速に提供することができます。

有料メディア環境でのリターゲティング、サプレッション、調査により、既存顧客を維持します。

最新のデータにもとづいてB2CやB2Bのエクスペリエンスをアクティベート

B2CおよびB2Bの主要なマーケティングツールやアプリケーションとの事前統合により、マーケターはリアルタイムのデータにもとづいてエクスペリエンスをパーソナライズできます。このエクスペリエンスは、新たな見込み客へのリーチや、既存顧客との関係を強化するのに役立ちます。

データにもとづきエクスペリエンスをアクティベーション

データサイエンスを駆使したマーケティングワークフローの活用

分析プロセスやマーケティング固有のワークフローを自動化するデータサイエンス機能を利用して、データにもとづく意思決定をおこない、顧客インサイトを生成できます。

データサイエンスワークフロー

データサイエンスワークフローやオーディエンスユースケースにおいて、統合された個人および企業のプロファイルを利用することで、より包括的かつ詳細で、精度の高いセグメントを作成することができます。

webおよびモバイルのSDKとアドホックのクエリにより、テスト用メカニズムを用意してデータの準備、デプロイ、収集を容易におこなうことができます。

所有しているプロパティでテストと実施をおこなうためのパーソナライゼーションツールを使用すると、データの準備、デプロイ、収集を簡単にできます。

データサイエンスの目標やニーズに合わせてカスタマイズ可能な顧客AIツールで、インサイトや傾向スコアリングを自動的に導き出すことができます。

すぐに利用できるレポート、チャート、ダッシュボードにより、プロファイルの可視化、データ接続の監視、セグメントの把握が使用開始直後から可能です

関連トピックス

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご説明します。