ERPとの連携

利用中のERPとAdobe Commerceを連携することで、業務効率を向上できます。主要な業務システム間で、在庫、注文、顧客データ、配送情報を同期します。


シームレスな連携をいつでも

ERPに接続していなくてもオンラインストアの運用は可能ですが、データを手動で入力するのは間違いの元であり、解決には多くの貴重な時間を費やします。またその間、顧客は、注文に関する情報を待ちわびることになります。簡単に言えば、オンラインストアとERPが連携していない状態では、顧客体験は非常に不安定な状態に置かれています。

 

ERPとAdobe Commerceを接続すれば、このふたつの主要システム間で在庫、注文、顧客データ、配送情報を自動的に同期できます。バッチ処理や手作業による注文管理を廃止し、ほぼリアルタイムのデータで両方のシステムを稼働させることができます。企業にとっては、単調な作業に費やす時間が減り、顧客にとっては、商品の価格や在庫状況をより正確に把握できるようになります。

Adobe Commercがどのように役立つのかをご案内します。

アドビの次世代技術や世界規模のパートナーエコシステム、拡張機能のマーケットプレイスを利用して、どのようにeコマースwebサイトに活気をもたらすことができるのかをご確認ください。

ERPとの連携

次のような機能があります

注文数と在庫のバランス調整

ERPとコマース基盤を連携すれば、リアルタイムで個々の商品を管理し、トランザクションデータをERPですぐに確認できます。常に正確な情報に更新されるため、在庫を減らし、余分なコストや手間を削減可能です。

顧客固有のルール

Adobe CommerceストアをERPに接続し、交渉にもとづく契約価格で正しい商品を顧客に提供します。ERPの価格や顧客固有のルールに関する情報を、コマースに容易に適用できます。

リアルタイムの商品追跡

商品の配送状況に関する問い合わせに迅速に回答し、顧客の満足度を高め、サービス担当者の時間を節約します。ERPに接続すれば、担当者は出荷状況やフルフィルメントデータをリアルタイムで確認できます。

Adobe CommerceをERPと接続し、ビジネスの成長につなげる

ERPとの連携の詳細

B2BとB2Cを問わず、Adobe Commerceを利用しているマーチャントの多くが、Microsoft DynamicsやNetSuite、SAP、Oracle、Infor、Epicor、Sageなど、さまざまなERPシステムと統合して活用しています。

チェックマーク

Adobe Commerceとの連携実績のある堅牢なAPIと、新たに追加されたGraphQLを活用して、カスタム統合を構築

チェックマーク

ERPとの統合について豊富な知識と経験を持つ、アドビの認定ソリューションパートナーのサポートを活用

チェックマーク

マーケットプレイス
から、すぐに使えるERPコネクタを入手


ERPとの統合の利点

データウェアハウスと管理

ERPには、注文や価格、顧客情報、商品情報、配送方法などの重要なデータが保管されています。コマース基盤とERPを統合することで、両方のシステムでほぼリアルタイムのデータを利用できるようになり、バッチ方式や手作業でおこなっていた注文管理が不要となります。これにより、顧客は、商品の価格や在庫状況をより正確に把握できるようになります。

顧客がカスタマーサービスに問い合わせる理由のひとつに、注文の配送状況の確認が挙げられます。こうした商品の配送状況に関する問い合わせは、対応に時間がかかります。カスタマーサービス部門が、ERPで出荷状況やフルフィルメントデータをリアルタイムで確認できなければ、顧客と従業員は不満を抱きます。

購入に関する情報をERPと迅速に同期できなければ、同期誤差を考慮して安全在庫を増やす必要があり、適正在庫を維持できなくなる可能性があります。ERPとコマース基盤を連携すれば、トランザクションデータをERPですぐに確認し、リアルタイムで個々の商品を管理して、在庫を削減できます。

Adobe CommerceをERPに接続して、交渉にもとづく契約価格で正しい商品を顧客に提供します。さらに、ERPの価格や顧客固有のルールに関する情報を、eコマースに容易に適用できます。これらの情報を一元管理することで、データを手動で同期する必要がなくなり、関連する地域の法規制への対応を強化できます。

ユーザー事例

ユーザー事例

Riese & Müller、Adobe Commerceを活用してビジネスを変革

電動アシスト自転車で有名なドイツのRiese & Müllerは、既存のディーラー向けポータルを全面的に見直し、Adobe Commerceとの統合を進めました。同社の目標は、透明性、シンプルさ、使いやすさを高め、注文情報をERPに自動的に送信することでした。さらに、人為的なエラーを減らし、セールス部門による顧客対応の負担を軽減したいと考えていました。

関連コンテンツ

Adobe Commerce がお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。