#F5F5F5

Adobe Experience Manager Sitesの機能

ヘッドレスCMS

Adobe Experience Managerなら、開発者とビジネスユーザーは、すぐに使えるヘッドレスモデルおよび従来型モデルを利用して、好みのフロントエンドフレームワークでコンテンツをすばやく制作、配信できます。

動画を見る

#2c2c2c

Adobe Experience ManagerのヘッドレスCMSの機能を体験しましょう

無償体験版をダウンロード

Adobe Experience Manager SitesのヘッドレスCMSの詳細

コンテンツ管理を分離

Adobe Experience Manager Sitesを利用すると、マーケターはコンテンツ制作に、開発者はプログラムの構築と実装に専念できます。これは、フロントエンドのアプリケーションをバックエンドのコンテンツ管理システムから分離することで実現します。アドビのヘッドレスCMSなら、構造化コンテンツを一度作成すれば、APIを介してあらゆるデジタル接点をまたいで再利用できます。

  • コンテンツモデル:webサイトやアプリのコンテンツを整理して構造化します。既存のコンテンツモデルテンプレートから構築することも、独自のテンプレートを作成することもできます。
  • コンテンツフラグメント:コンテンツをデザイン、制作、公開します。コンテンツフラグメントを使用すると、ヘッドレス、ヘッドフル、ハイブリッドのいずれの配信方法でも、コンテンツを再利用できます。
  • コンテンツフラグメントエディター:使い慣れたフォームベースのエディターを使用して、既存のコンテンツフラグメントをすばやく変更できます。デジタルプロパティ全体における、コンテンツの制作および編集を高速化できるようになります。
  • エクスペリエンスフラグメント:コンテンツとレイアウトをグループ化して、チャネルに依存しない再利用可能なフラグメントを作成し、任意のスクリーンに公開できるため、多数のクリエイティブアセットを構築する必要がなくなり、メッセージとデザインの一貫性を維持できます。
Decoupled content management

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/blades/aem-sites/headless-cms/decoupled-content-mgmt-deeper-content

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/modal/videos/adobe-experience-manager/sites/headless-cms/visual-editing#visual |

ビジュアル編集

Adobe Experience Manager Sitesのユニバーサルエディターなら、使用しているフロントエンドフレームワークやコンテンツが表示される場所に関係なく、あらゆるコンテンツをリアルタイムでプレビューおよび編集できます。コンテンツの制作者は、容易にすばやく変更し、デザインされたエクスペリエンスの見た目のままでプレビューできます。

  • ビジュアル編集: 画像、コピー、動画など、あらゆるコンテンツを見た目のままで編集できます。これにより、ページ上に表示されているコンテンツ フラグメントを編集したり、ネストされたコンポーネントを含むページ構造全体を編集したりできます。
  • フレームワークに非依存: 好みのフロントエンドフレームワーク(React、Vue、Angularなど)を使用でき、バージョン管理やアップデートを心配する必要はありません。直感的なオーサリングツールを利用して、ページデザインのあらゆる要素を容易にドラッグ&ドロップできます。また、ユニバーサルエディターは、Adobe Experience Managerのローカルドメインやリモートドメインを問わず、ホストされているコンテンツのサーバーサイド、クライアントサイド、エッジサイドのレンダリングなど、あらゆるアーキテクチャで活用できます。
  • 編集の柔軟性: メタデータの追加や、列、カルーセル、タブ、アコーディオンなどのさまざまなスタイルの適用が必要になった場合でも、エクスペリエンスのあらゆる側面を編集できます。

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/blades/aem-sites/headless-cms/editing-and-preview-deeper-content

配信

  • 直観的かつ包括的なAPIを利用して、容易にコンテンツを配信できます。
  • GraphQL: GraphQLを通じて、再利用可能な構造化されたコンテンツを、JSON形式で他のアプリケーションにすばやく配信できます。
  • コンテンツサービス: Adobe Experience Managerのすぐに使用できる基本コンポーネントとテンプレートからページを作成できます。作成したコンテンツは、コンテンツサービスAPIを介して、URLを備えたREST APIエンドポイントに送信できます。
  • 永続的なクエリ: 永続的なクエリと、HTTPキャッシュまたはコンテンツ配信ネットワークを利用することで、クエリの実行を削減できます。クライアントアプリケーションは、永続的なクエリをGETリクエストでリクエストし、高速なエッジ対応を実現できます。
  • webに最適化された画像配信: 自社のデジタルアセット管理システムから、GraphQL経由でWebP形式の画像を配信することで、ページの読み込み時間を短縮し、ダウンロードサイズを平均25%削減できます。
Optimization

最適化

コンテンツ管理の枠を超えて、高性能なページやアプリを提供するのに役立ちます。

  • パーソナライゼーション: 構造化されたコンテンツを、Adobe Targetなどのパーソナライゼーションツールに公開し、高度なA/Bテストやオムニチャネルのパーソナライゼーションを実現して、最適化されたユーザーエクスペリエンスを実現できます。
  • App Builder: サーバーレスランタイム、UIフレームワーク、CLI、SDKなどの開発者ツールを使用して、特定のニーズに合わせたカスタム拡張機能や統合を容易に構築できます。
  • 複数サイトの管理: ボタンをクリックするだけで、ソースコンテンツ構造を接続されたライブコピーに反映し、複数のサイトにまたがるコンテンツバリエーションを容易に作成および管理できます。これにより、組織をまたいでグローバルでコンテンツ構造を引き継ぐことができます。
  • イベントおよびwebhook: データが変更されるたびに、リアルタイムの更新と通知をサードパーティのアプリケーションやサービスに送信し、シームレスな統合と同期を実現します。
  • 一括編集: 複数ページのプロパティを一度に編集できます。

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/assets/icons/products/experience-manager/headless-cms/dotcom-98221-aem-headless-cms-success-edge-messaging-boots-logo-155x80.svg | Chipotleのロゴ

「Adobe Experience Managerは、当社のデジタル顧客体験の中核を担っています。web体験を構築するための基盤であり、ヘッドレスCMSの能力を利用して、モバイルアプリ体験を強化しています。おかげで、モバイルアプリやwebサイトにコンテンツを迅速かつ効率的に配信できるようになりました」

Nicole West氏(Chipotle、デジタル戦略および製品担当バイスプレジデント)

動画を見る

#F1F1F1

ヘッドレスCMSの活用方法を学びましょう

Adobe Experience Leagueでは、ドキュメント、チュートリアル、ユーザーガイドなど、さまざまな学習コンテンツを利用できます。

さらに詳しく