ヘッドレスコンテンツ管理システム

Adobe Experience Manager Sitesは、業界で最も革新的なコンテンツ配信機能を備えています。それらの機能を利用すれば、webやモバイル、今後出現するであろう新たなチャネルを含む新興チャネルをまたいで、コンテンツの利用と再利用が可能になります。


あらゆるチャネルのコンテンツをひとつのリポジトリーで管理

webやモバイルから店舗内の看板やIoTアプリまで、顧客はあらゆるチャネルで優れたデジタルエクスペリエンスを期待しています。しかし、多数のチャネル向けのコンテンツを作成および更新していると、コンテンツ配信に時間がかかる場合があります。Adobe Experience Manager Sitesのヘッドレスコンテンツ管理を使って、顧客の期待に応えましょう。

Adobe Experience Manager Sitesなら、制作者とマーケターの両方が単一の基盤を使用して、あらゆるチャネルのコンテンツを管理できます。フロントエンドアプリで利用するための構造化されたコンテンツフラグメントには、GraphQL APIを介してヘッドレスでアクセスできます。

このフレームワークでは、ページレベル以下のコンテンツ配信用のHTTP APIなど、ヘッドレスCMS機能のサポートにより、サーバー側のHTMLレンダリングに留まらず、JavaScriptフレームワークベースのコンテンツ
をあらゆるチャネルに配信することができます。Adobe Experience Manager Sitesなら、従来型やハイブリッドヘッドレスト、純粋なヘッドレストを問わずにコンテンツを配信し、コンテンツおよびエクスペリエンスを柔軟に構築、管理し、継続的なサポートを提供できます。

次のような機能があります

GraphQL
GraphQLを利用すれば、制作者は使用しているアプリケーションからExperience Managerのコンテンツにヘッドレスでアクセスできます。GraphQLは、コンテンツの問い合わせと取得のための、アプリケーションに依存しない業界標準のクエリ言語。コンパクトかつ効率的に設計されており、要求されたコンテンツだけを返し、余分なものは何も返しません。クエリは、1回のリクエストで参照項目を返すことができるため、目的の情報を取得するために必要な時間と帯域幅を大幅に削減できます。

コンテンツフラグメント
カスタマイズ可能なコンテンツモデルを使い、構造化されたコンテンツを作成および管理します。ページに依存しないこれらのコンテンツフラグメントをテキストや関連するメディアとともにあらゆるチャネルで再利用しましょう。これらをwebサイトやモバイルアプリ向けのページやエクスペリエンスフラグメントで使用したり、JSON形式でAEMコアコンポーネントまたはHTTP APIを通じてあらゆるエンドポイント向けに配信できます。SPAエディターやエクスペリエンスフラグメントと同様に、翻訳管理機能を使ってコンテンツをあらゆる言語に翻訳して管理できます。

コアコンポーネント
コアコンポーネントは、HTML形式またはJSON形式で書き出すためのカスタマイズ可能なAPIです。これにより開発者はJSON出力についてデフォルトフォーマットまたはカスタマイズされたフォーマットを選択できますが、これは従来のHTTP APIでのJSON配信では通常不可能でした。

SPAエディター
JavaScript SDKを使用して、Adobe Experience Manager SitesでReactベース、またはAngularベースのシングルページアプリケーション(SPA)のインタラクティブなWYSIWYGオーサリングをおこないましょう。SPAエディターは、エクスペリエンスコンポーネント、インコンテクストエクスペリエンスエディター、Adobe Experience Manager Sitesの管理機能でサポートされています。Node.jsのJavaScriptフロントエンドコードによるサーバーサイドレンダリングにより、最初のエクスペリエンスをすばやく提供できます。

Adobe Experience ManagerのHTTP API
コンテンツフラグメントを含むAdobe Experience Manager Sitesのコンテンツリポジトリーから直接、リソースをJSON形式で書き出し、ページレベル以下のコンテンツの純粋なヘッドレス配信を実現します。

ヘッドレスコンテンツ管理の詳細

Adobe Experience Managerでヘッドレスコンテンツ管理を開始

GraphQLを利用したヘッドレスコンテンツ管理

Adobe Experience Managerのヘッドレス機能に関する包括的なチュートリアルで、GraphQLを利用してシングルページアプリケーション(SPA)のエクスペリエンスを改善する方法を学びましょう。

今すぐチュートリアルを見る

API経由でヘッドレスコンテンツを管理、配信

Adobe Experience Managerが、チャネルを問わず、モダンなアプリ体験にヘッドレスコンテンツをどのように活かすことができるのかを解説します。

さらに詳しく

ハイブリッドCMSでSPAの管理を迅速化

ハイブリッドCMSでSPAの管理を迅速化

ハイブリッドコンテンツ管理システム(CMS)のSPAエディターで、コンテンツ作成を高速化し、IT担当者の時間を削減する方法をご紹介します。

さらに詳しく(英語)

さらに詳しく

GraphQL

Adobe Experience Managerで、GraphQL APIを利用する方法を説明します。

さらに詳しく

コンテンツサービスの活用
コンテンツサービスを使い、APIエンドポイントを介してコンテンツを作成、管理し、あらゆるチャネルに配信する方法をご紹介します。

さらに詳しく

Adobe Experience Manager Assets APIの詳細
フォルダーやアセットの作成、アップデート、管理方法を含め、HTTP APIのデータモデルについて説明します。

さらに詳しく

Adobe Experience Managerにおけるシングルページアプリケーションの詳細
Adobe Experience Manager Sitesでシングルページアプリケーションを容易に作成して管理する方法をご紹介します。

さらに詳しく

関連機能

シングルページアプリ編集

ReactやAngularなどのオープンソースフレームワークで作成されたシングルページアプリケーション(SPA)を、webサイト管理ツールと同様のドラッグ&ドロップ対応のエディターで編集、管理できます。

GraphQL

開発者は、GraphQL APIを利用してコンテンツのクエリを実行し、アプリで必要なコンテンツだけにアクセスすることで、ネットワークリクエストを減らし、アプリの操作性を向上させることができます。

サービスとしてのコンテンツ

ユーザーが指示しなくても、プログラム制御によってAdobe Experience Manager Sitesのコンテンツリポジトリーにアクセスしてコンテンツを取得し、モバイルアプリ、IoTアプリ、スマートデバイス、実店舗内スクリーンなど、多数のサードパーティアプリケーションに配信します。

Adobe Experience Manager Sitesがお客様のビジネスにどのように役立つのかご案内いたします。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。