Breakouts

B2B

レポートとアトリビューションの正しい見方:全体像を把握する

Kara Brasfield、Helen Abramova - Verizon

Marketo Engageは企業のブランド構築の鍵を握り、Adobe Analyticsはトラフィックに関する正確で詳細な情報を収集します。この2つのツールを組み合わせることで、カスタマージャーニーの全体像を把握できます。eVar変数を使用した、分析とアトリビューションの新しいアプローチの構築方法を紹介します。当社独自のソリューションであるUniversal Gating Systemが、webサイト上のパーソナライズコンテンツとゲーティングコンテンツに不可欠なもとのなり、Marketo Engageにデータを供給して、高度で包括的なレポートの作成に役立っている事例をご確認ください。

このセッションでは、次のトピックスについて解説します。

  • Marketo EngageのフォームにeVar変数を渡す方法
  • Adobe Experience ManagerでMarketo Engageのフォームを使用した、ハードゲーティングおよびソフトゲーティングコンテンツのベストプラクティス
  • アセットゲーティングのGDPR準拠に関する課題を解決する方法

関連製品

その他のコンテンツを見る

Explore


Adobe Summitの基調講演や将来のイノベーションに関する議論、主な発表などを簡潔にまとめた動画をご覧ください。

Innovation Tracks


次のステップ


Adobe Experience Cloudが、自社のビジネスにどのように役立つのかをご確認ください。

AI(人工知能)を利用した分析から大規模なコンテンツの最適化に至るまで、優れた顧客体験を創出するために必要なあらゆるものが揃っています。

CXM PLAYBOOK

顧客体験管理(CXM)戦略のプレイブックを作成しましょう。