Breakouts

Adobe Senseiの活用:高度な分析力を備えた市民データサイエンティストになる

John Bates - アドビ

データが増加し、カスタマージャーニーエンゲージメントに関するビジネス上の疑問も複雑化しています。Adobe AnalyticsのVirtual Analystを使用すれば、煩雑なプロセスを自動化し、隠れたインサイトを発見して、複雑な疑問に取り組む方法を見出すことができます。Adobe Senseiを搭載したVirtual Analystは、ユーザー独自の視点とスキルセットをAI(人工知能)とマシンラーニング(機械学習)のパワーで強化し、以前には想像もできなかった新しい考え方や働き方を可能にします。 

このセッションでは、次のトピックスについて解説します。

  • Adobe Analyticsの異常値検出、貢献度分析、インテリジェントアラート、その他のAIを活用したテクノロジーの価値を最大化するためのヒントとベストプラクティス
  • 難解なビジネス上の疑問や業界特有のユースケースにVirtual Analystを適用する方法
  • Virtual Analystを使用して瞬時に価値を生み出すフレームワーク
  • アドビの研究部門が開発している初期の研究用プロトタイプのプレビューを入手して自社のデータに適用し、評価する方法 

 

その他のコンテンツを見る

Explore


Adobe Summitの基調講演や将来のイノベーションに関する議論、主な発表などを簡潔にまとめた動画をご覧ください。

Innovation Tracks


次のステップ


Adobe Experience Cloudが、自社のビジネスにどのように役立つのかをご確認ください。

AI(人工知能)を利用した分析から大規模なコンテンツの最適化に至るまで、優れた顧客体験を創出するために必要なあらゆるものが揃っています。

CXM PLAYBOOK

顧客体験管理(CXM)戦略のプレイブックを作成しましょう。