Breakouts

Adobe Experience Managerを使用するデザイナー向けのより包括的なワークフローの構築

Tiffany Olejnik、Hyman Chung - アドビ

デザイナーとして、自身の寸分のずれもないデザインを、コンテンツオーサリングという荒野に投げ出すことに恐れを抱く人もいるでしょう。企業のユーザーエクスペリエンスの完全性を維持し、変更を禁止する必要がある一方で、コンテンツ制作者は、Adobe Experience Managerでページを公開するたびに、開発ワークフローを必要としないレイアウトを作成する柔軟性を必要としています。デザインワークフローにコンテンツオーサリングへの配慮を組み込み、Adobe Experience Managerの機能を活用することで、UXガバナンスを損なうことなく、デザインから実装までのプロセスを合理化できます。

このセッションでは、次のトピックスについて解説します。

  • 編集可能なテンプレート、レイアウトモード、スタイルシステム、コアコンポーネントに関するAdobe Experience Managerのコンテンツオーサリング機能
  • コンテンツ制作プロセスにおける、公開までの時間短縮を図る機会
  • デザインチームがUXガバナンス戦略の一環としてAdobe Experience Managerを活用するためのツールとベストプラクティス

その他のコンテンツを見る

Explore


Adobe Summitの基調講演や将来のイノベーションに関する議論、主な発表などを簡潔にまとめた動画をご覧ください。

Innovation Tracks


次のステップ


Adobe Experience Cloudが、自社のビジネスにどのように役立つのかをご確認ください。

AI(人工知能)を利用した分析から大規模なコンテンツの最適化に至るまで、優れた顧客体験を創出するために必要なあらゆるものが揃っています。

CXM PLAYBOOK

顧客体験管理(CXM)戦略のプレイブックを作成しましょう。