Breakouts

Dually Notedプロジェクト

Lynn Gong、Eric Matisoff - アドビ

デジタルマーケティングの素材を共同で作成することは、かつてないほど簡単になりましたが、多くの人々は更新の際に物理的なドキュメントを希望したり、使用する必要があります。デジタルの世界と物理的な世界のドキュメントの間でアイディアを共有するのはほぼ不可能でしたが、それは過去の話です。Adobeは、Adobe Document CloudとAdobe Experience Platformを活用したDually Notedプロジェクトを公開しています。このプロジェクトでは、物理的なドキュメントとデジタルドキュメントの間のギャップを埋めるためにAR(拡張現実)を使用しています。たとえば、マーケターとクリエイターがカタログを更新しているとします。クリエイターは、Adobe Document Cloudのツールを使用して、特定の画像についてコメントを追加できます。また、マーケターは、拡張現実を通じて、物理的なカタログにモバイルをかざすことで、外出先でもメモを見ることができます。そして、モバイルに向かって話すことで追加のアイディアを返送し、それをクリエイターがPDF内のテキストとして見ることができます。

アドビのTwitterアカウントにアクセスし、お気に入りのSneakに投票してください。

その他のコンテンツを見る

Explore


Adobe Summitの基調講演や将来のイノベーションに関する議論、主な発表などを簡潔にまとめた動画をご覧ください。

Innovation Tracks


次のステップ


Adobe Experience Cloudが、自社のビジネスにどのように役立つのかをご確認ください。

AI(人工知能)を利用した分析から大規模なコンテンツの最適化に至るまで、優れた顧客体験を創出するために必要なあらゆるものが揃っています。

CXM PLAYBOOK

顧客体験管理(CXM)戦略のプレイブックを作成しましょう。