Breakouts

リッチメディアを制す:動的メディアの最大限の活用

Maxwell Mabe、Clint Goudie-Nice - アドビ

多くの組織は、最新技術で何が実現できるかに気づいていないため、時代遅れのツールや作業方法に依存し続けています。パーソナライズされた顧客体験に対する期待がこれまで以上に高まり続ける中、コンテンツの市場への投入ががわずかに遅れただけでも、ブランドと売上の両方に大きな影響を及ぼす可能性があります。AI(人工知能)とマシンラーニング(機械学習)はワークフローに変革をもたらし、これまで不可能だった相乗効果を達成するためのツールを与えてくれます。Adobe Experience Manager AssetsとDynamic Mediaを利用すれば、単調な作業を劇的に減らすか完全になくすことができ、エネルギーと創造性をより生産的な作業に費やすことが可能になります。

このセッションでは、次のトピックスについて解説します。

  • エクスペリエンスに最適化されたアセットの大規模な制作と公開
  • AIで強化されたスマート切り抜き機能を使用して、重要な部分を的確に切り抜き、そのための作業時間とコストを削減し、数ヶ月かかっていた手作業を数分で終わらせる方法
  • デバイスに最適化されたビデオエクスペリエンスを提供するための作業を、インテリジェンスを利用して軽減し、自動化する方法

その他のコンテンツを見る

Explore


Adobe Summitの基調講演や将来のイノベーションに関する議論、主な発表などを簡潔にまとめた動画をご覧ください。

Innovation Tracks


次のステップ


Adobe Experience Cloudが、自社のビジネスにどのように役立つのかをご確認ください。

AI(人工知能)を利用した分析から大規模なコンテンツの最適化に至るまで、優れた顧客体験を創出するために必要なあらゆるものが揃っています。

CXM PLAYBOOK

顧客体験管理(CXM)戦略のプレイブックを作成しましょう。