Breakouts

Magento Innovations Lab:デバイスをまたいだシームレスなサインイン

Rafael Corréa Gomes - Le Site | Michele Miller - アドビ

オンラインでショッピングする際に、ストアのアカウントを所有しているかどうかを覚えている必要がなくなりました。また、ログインページが毎回表示されることもありません。面倒な入力を一切することなくサインイン状態を保つことができます。これは、Magentoが取り入れた最大級のwebアップデートのひとつです。サイトを利用するあらゆる顧客が、面倒なログインをおこなうことなくストアで注文できるようになります。一度ログインしておけば、次回以降のログインは自動的におこなわれます。初回ログイン時にどのデバイスを使用していても問題ありません。この機能により、繰り返しおこなうログインがあらゆるデバイスで不要になり、顧客の利便性が高まります。

これは、W3Cが策定した新しい機能です。この機能によって、デバイスをまたいだシームレスなサインインが可能になり、デバイス間のID連携に革命がもたらされます。

アカウント作成やログインを一度実行するだけで、利用中のあらゆるデバイスでログイン情報が記憶され、それ以降はパスワードや電子メールを要求されることがなくなります。顧客は、パスワードどころか、ストアのアカウントを持っているかどうかすら覚える必要はありません。また、注文を完了する際の障害となるログインページも表示されなくなります。さらに、閲覧履歴が増えることで、より多くのデータが蓄積され、顧客が誰であるかをストア側が正確に把握することができます。

ブラウザーのパスワード管理機能を使用すれば、顧客は、デバイスに関係なく、多くのアカウントを保存し、それらのアカウントに一度のタップでログインできます。あらゆるページで保存されたパスワードを検出することが可能で、最低でもひとつのパスワードが保存されていれば、それを使用してサイレントログインを実行できます。

ブラウザーでこの機能がサポートされていない場合は、従来のログインが求められます。

その他のコンテンツを見る