Breakouts

あらゆるチャネルに向けたコンテンツ:オムニチャネルエクスペリエンスの容易な実現

Nick Whittenburg、Amol Anand - アドビ

顧客は、デバイスからデバイスへ、チャネルからチャネルへと移動しながら、新たに出現するチャネルも採用します。Adobe Experience Managerを利用すれば、顧客がどこにいても、どのチャネルであっても確実にリーチできます。そこで重要になるのは、チャネルごとにコンテンツを作り直すのに時間を費やすことではなく、あらゆるチャネルをまたいで一貫性のある顧客体験をシームレスに提供することです。アドビのコンテンツサービスを使用すれば、既存のwebコンテンツを最大限に活用できます。迅速かつ容易にオムニチャネルコンテンツをオーサリングする方法について、アドビの専門家がベストプラクティスを解説します。webやシングルページアプリケーション、モバイル、音声、チャット、電子メールをまたいでコンテンツを容易に再利用するためのデモをご覧ください。

このセッションでは、次のトピックスについて解説します。

  • 従来型のコンテンツ配信とヘッドレスコンテンツ配信の両方に対応する、チャネルに依存しないコンテンツオーサリング
  • Adobe Experience Manager Sitesのコンテンツフラグメントとエクスペリエンスフラグメントを使用した、コンテンツの迅速な制作と編集
  • 様々な顧客接点をまたいで一貫性を維持する、コンテンツの再利用と公開
  • マーケターと開発者が協力して作業するためのコンテンツ戦略の策定

その他のコンテンツを見る

Explore


Adobe Summitの基調講演や将来のイノベーションに関する議論、主な発表などを簡潔にまとめた動画をご覧ください。

Innovation Tracks


次のステップ


Adobe Experience Cloudが、自社のビジネスにどのように役立つのかをご確認ください。

AI(人工知能)を利用した分析から大規模なコンテンツの最適化に至るまで、優れた顧客体験を創出するために必要なあらゆるものが揃っています。

CXM PLAYBOOK

顧客体験管理(CXM)戦略のプレイブックを作成しましょう。