Breakouts

クロスデバイス分析:複雑なカスタマージャーニーの分析に取り組むためのヒント

Matt Freestone、Nils Engel - アドビ

デバイス中心のインサイトを超え、オンラインのあらゆる顧客体験をまたいで、どのように顧客が自社とやり取りしているのかを理解したいと思いませんか?アトリビューション、コホート、セグメントビルダー、フロー、フォールアウトなどのAnalysis Workspaceの機能を使用して、カスタマージャーニーを視覚的に理解したいと思いませんか?このセッションでは、ジャーニーIQとクロスデバイス分析について紹介します。これは、Adobe Analytics Ultimateですぐに利用できる標準機能です。クロスデバイス分析を使用すれば、モバイルやPC、タブレットなど、あらゆるデバイスをまたいで顧客の行動を理解できます。 

このセッションでは、次のトピックスについて解説します。

  • クロスデバイス分析とは何か、カスタマージャーニー分析との違い
  • データのクロスデバイスビューを使用して可能になるインサイトの種類
  • 組織でクロスデバイス分析を活用するために必要なステップ

 

このセッションは、クロスデバイス分析の機能とメリットを理解することに関心があるすべてのユーザー向けです。

関連製品

その他のコンテンツを見る

Explore


Adobe Summitの基調講演や将来のイノベーションに関する議論、主な発表などを簡潔にまとめた動画をご覧ください。

Innovation Tracks


次のステップ


Adobe Experience Cloudが、自社のビジネスにどのように役立つのかをご確認ください。

AI(人工知能)を利用した分析から大規模なコンテンツの最適化に至るまで、優れた顧客体験を創出するために必要なあらゆるものが揃っています。

CXM PLAYBOOK

顧客体験管理(CXM)戦略のプレイブックを作成しましょう。