Breakouts

Adobe TargetとAdobe Experience Platform:パーソナライズ機能の未来

Ram Parthasarathy - アドビ

消費者の期待は高まり続け、マーケターはインバウンドチャネル向けの高度にパーソナライズされた機能とアウトバウンドコミュニケーションを整合させて、広告、顧客獲得、アップセル、クロスセル、維持、ロイヤルティのためなど、カスタマーライフサイクルをまたいで、より深いレベルのエンゲージメントを提供する必要があります。また、マーケターは、急速に進化する技術環境の中で、消費者のプライバシーやパフォーマンスに焦点を当てながら対応しなくてはなりません。アドビの専門家が、パーソナライズ機能の未来と、次世代のパーソナライズされたエクスペリエンスを強化するための、Adobe TargetとAdobe Experience Platformの進化について解説します。

このセッションでは、次のトピックスについて解説します。

  • パーソナライズされたアプローチを開発するための戦略とベストプラクティス
  • 進化する技術環境と、それがパフォーマンスとプライバシーに及ぼす影響、cookieを使用しない環境でパーソナライズ機能がどのように機能するか
  • Adobe Senseiによる、リアルタイムモデルとバッチスコアリングモデルを使用した、よりインテリジェントな意思決定

その他のコンテンツを見る

Explore


Adobe Summitの基調講演や将来のイノベーションに関する議論、主な発表などを簡潔にまとめた動画をご覧ください。

Innovation Tracks


次のステップ


Adobe Experience Cloudが、自社のビジネスにどのように役立つのかをご確認ください。

AI(人工知能)を利用した分析から大規模なコンテンツの最適化に至るまで、優れた顧客体験を創出するために必要なあらゆるものが揃っています。

CXM PLAYBOOK

顧客体験管理(CXM)戦略のプレイブックを作成しましょう。