人工知能はマーケティング施策にどう活用できるか




Adobe logo

顧客を満足させ、ビジネスを成長させるために


「人工知能は人々の仕事を奪う」

こうした誤解は徐々に薄れ、今では次のように理解されるようになってきました。

「人工知能はどのように仕事に貢献するのか」

つまり人工知能は、膨大なデータから意味を見つけ出す複雑な作業を、人間に替わって自動化してくれる訳です。

とはいえ、汎用型人工知能の場合には、データをどのように扱い、どうやってそこから何らかの意図を読み解いたらよいのかを、人間が設計し、学習させなければなりません。

一方、目的型人工知能であれば、学習すべきデータや導き出されるべき成果の姿は、既に実装されています。利用者は、人工知能にデータを与えれば、すぐに成果を得られるのです。では企業がビジネスに人工知能を活用しようとしたとき、どのような作業を任せ、どんな効果を得ることができるのでしょうか。

ビジネスを成長させるには、言うまでもなく、顧客を自社に惹きつけ、継続的な取引を行い、顧客を満足させる必要があります。そのための鍵は、いつでも顧客に対して最適なエクスペリエンスを提供することができるような、マーケティング施策を展開することです。言い換えれば、顧客の期待を理解し、それに応じてエクスペリエンスを最適化させることです。

そのために人工知能は、膨大な顧客データを紐解き、多彩なコンテンツをすばやく適切に選び、提供するという領域で活躍してくれるのです。

では、人工知能をマーケティング施策に活用することによって、具体的にはどのような価値が導かれるのか、そして、アドビの提供する目的志向型人工知能を使うと何を達成できるのでしょうか。この特別記事『人工知能はマーケティング施策にどう活用できるか』では、次のポイントをご紹介します。

  • 人工知能によってどのように顧客データの処理が替わるのか
  • マーケティング上の課題をどのように解決するのか
  • どのようにエクスペリエンスを最適化してくれるのか

 

データサイエンティストのような人工知能に関する深い知識を持たなくても、ビジネスに人工知能を活用したいと考えているマーケターの方は、ぜひご覧ください。



 

Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Inc. in the United States and/or other countries.
All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2020 Adobe Inc. All rights reserved.